行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


16年29問行政書士試験民法過去問

さて選択肢2は重婚ですね。
重婚は取り消しうる、無効?という有名な論点ですね。

で、この解説はテキストを見ていただければいいのです。
問題は今年の出題ですからね。

重婚、取り消し、無効ときたら、あれですよね。

失踪宣告

そして、この問題の基礎には何があるのかって言わなくてもいいですよね?

取消と無効
ですよね。

結局、ある法律行為が、ある意思表示が無効であること、取り消しうる行為であることってどう違うのですか?

民法上、取り消しうる行為って何ですか?
民法上無効の行為ってなんですか?

民法の基礎ですよね。

はっきりって危ないです。
これを必ず聞いてくるはずです。

よく考えてみてください。

もっと出しましょうか?
取消権者と無効の主張のできるもの

やったほうが良いと思いますよ。

以上です。

ちょっとサービスしすぎかしら。

がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
23:51 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年第29問行政書士試験民法過去問

選択肢1は婚姻の成立要件ですね。
戸籍法と婚姻の成立。

難しいですけどね。
こういう問題は行政法の感覚ですね。

婚姻は届出で足りるのか?戸籍簿に記載されないといけないか?ですよね。

これ自体はそれほどでないかなあ、って思いますけど(実務的にはすっごく大事です)、意思表示と戸籍簿という問題ですよね。

そうですね、なんとなく、気になることもありますね。

例えば
失踪宣告なんかはどう?

何が言いたいかわかりますよね。

他には、
まあ、代表は不動産取引と登記ですよね。
所有権の移転と登記で考えられますか?

登記しないと所有権って移転しないの?

もういいですね。

では。

残り少ないですが、まだ充分間に合います。
がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
00:53 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年第29問行政書士試験民法過去問

それでは選択肢を一つ一つ見ていきましょう。

選択肢1は婚姻が成立するか否かを聞いていますね。
選択肢4もそうですね。

選択肢2と5は婚姻が効力を生じるか否かを訊いています。

成立と効力について訊いてますね、、、。

成立と効力が問題となるものってどっかでやりましたね。

やりましたよ、テストでも出ましたよね。

いつでしたっけ、、、。

あのー出てますよね、去年。

19年第33問承諾の意思表示ですよね。

なんていうか、、、。

私は本当に行政書士試験って、、、本当に、、、、です。


とにかく誤解しないで下さい。

問題が簡単だなんていっていません。

19年の問題は難しいですよね。

でも、出ているテーマは似ているんです(これに関してはほぼ同じですよね)。

それを制度を変えて訊いているんです。

なんどか書いていますよね。
訊いているのは基本的なことなんです。

それを制度を変えて訊いているに過ぎないんです。

予想は難しいですよ。
しかし、準備は出来ます。


だって、16年の29問をといて効力と成立の論点に気にならない人は少なくないと思いますよ。

そうしたら契約の成立と効力の論点につながりませんか?

さらに言いましょうか?


婚姻って契約ですよね。

あーって思いませんか?

思ってください。

思えるはずです。

私は思いましたよ。

試験委員はしゃれてるなあって思うぐらいです。

ねえ、婚姻意思って出てますか?

もう良いですね。


残り少ないですが、まだ充分間に合います。
がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

16:34 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年第29問行政書士試験民法過去問

それは、
19年の第28問の学説問題もあれは純粋な学説問題でもないですよね。
まあ、学説問題ですが、問題文をよく読めばわかりますが145条の解釈問題ですよね。

145条ってどんな条文でしたっけ、、。

ここが出発点です。

試験委員も純粋学説問題にしなかったのではないかなあ、って思います。
まあ想像ですが。


ともかく私の言いたいのはまだまだ充分間に合います。

過去問分析をすること、そして、二ヶ月前です。

過去問分析からおさえておくべき条文をチェックすることです。

ええ、演習はもちろん大事ですよ。

しかし、この残り二ヶ月は条文もチェックしていきます。

過去問+条文+演習をバランスよくやっていきます。

過去問の比重が若干減りますね。
その分に条文の比重が入ってくる感じです。

条文の比重が上がるのはいいですよね。
演習は減らせませんね。

でも闇雲にやらないのは前に書いたとおりです。

勉強は計画的に進めてくださいね。

直前期はまた本試験過去問を見直します。

勉強は計画的にやるのが大事ですね。

皆さんも自分なりの計画を立ててくださいね。

残り少ないですが、まだ充分間に合います。
がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

09:25 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年第29問行政書士試験民法過去問

さて、29問ですね。
婚姻です。
今年は順番では婚姻でしたっけ?

まあ、それはともかく家族法は大事です。

家族法に関しては前にも言いましたものね。
仕事を始めたらもう家族法ですよ。

そう思えば少しはやる気も出るのではないでしょうか?

しっかりチェックしてくださいね。

婚姻は頻出ですよね。
離婚、婚姻は良く聞かれますよ。

繰り返しますが行政書士試験は実務的試験になりつつあると思います。

家族法の条文を闇雲にやってはいけません。

気がつきませんか?

実務的に問題になりそうな条文が出ているんです、行政書士試験は。

そういうと、じゃあ何で19年度に学説問題が、、、なんて思う人もいますよね。

でもね、、、。

残り少ないですが、まだ充分間に合います。
がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796




23:13 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP




< < 前のページ | TOPページへ戻る| 次のページ > >

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。