行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


行政書士試験民法過去問平成17年第26問

選択肢アです。

この問題は、賃借人のCがその賃借している建物を自己所有物として売ったケースです。

もう、来ました、って思いませんか?
「自己の所有する建物として」という言い回し。
好きです、他人物売買

即時取得ってなんか似てますよね。
そう時効取得に。


時効取得は何年か持ち続けていると他人のものも自分のものになるという信じられない(笑)制度です。

即時取得は?他人から買った場合でも持ち主から買ったと信じていれば即時に(恐ろしいですね)、取得できるという制度です。

そして、この違いは何でしたっけ。即時取得の特徴は、そう、対象が動産、でしたね。

本問は建物ですよね。

するとダメです。

どうでしょうか?

私はこの問題を解いたときやはり試験委員は動産と不動産取引の違いが聞きたいんだなって強く思いました。

そこを落として欲しくないんですね、。だから17年度でも聞いている。

私の売買の目的物での分類は間違ってないと思います。

 


スポンサーサイト
12:57 | トラックバック:0 | 売買の目的物での検討 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/75-5adb2149

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。