行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


15年度 行政書士試験民法 「人」での検討

それでは、検討していきましょう。
過去問を中心にしますので、過去問は必ずお手元において参照しながら読んでいただくとありがたいと思います。
過去問の詳しい解説はお手元の本で読んでください。

このブログでは民法の苦手な方への問題の読み方、勉強の仕方、問題の解き方を過去問を使って検討するためのものです。

そして、できたら出題予想もしていきたいと思っています。

なお、最初に18,19年を中心にと書きましたが、民法の問題数や出題の傾向を探る観点から考えると15年の試験から検討を加えたいと思います。

それでは、

をつかって考えていきましょう。

15年の問題です。
まず、早速27問が人に関する問題ですね。

この問題は代理権についての問題です。

27問の選択肢1(27-1、以下このように省略することがあります。)

判例を知っている方は1秒で解けると思います。
しかし、このブログは民法が苦手な人のためのものです。
前回の行政書士試験民法過去問 「人」の観点での分類の内容をつかって一つ一つ考えていきましょう。

この選択肢は
代理人については
代理権はあります。しかし、代理人の真意はちょっと変というやつですね。

相手方は
取引上相当の注意をしていた+善意

それで、この問題は本人が責任を負うのか、それとも相手側が責任を負うのかということですよね。
代理人は誰の代理人ですか?本人の代理人です。
じゃあ、本人が変な代理人の責任を負ってもいいですよね。
相手方だって、取引上相当の注意をしていたしね。

ということで、本人は変な代理人を使った責任を負ってください。

どうですか?
民法って簡単でしょ?



行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
メール asukayama@movie.ocn.ne.jp

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ

スポンサーサイト
15:56 | トラックバック:0 | 15年度行政書士試験 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/7-f3ec71b4

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。