行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


19年度27問 行政書士試験

しかし、本当にそれでいいのでしょうか?
そうであるならば、CはAに責任追及するしかないことになりますね。

しかし、そもそもなぜCは購入できたのでしょうか?

そう、所有者Bの責任もあるはずですね。
Bは自分でAが所有者であるかのごとき外形を積極的に作り出しています。
そんなBを保護する必要あるでしょうか?

そう、ありませんね。
そこで、裁判所は買った人が善意の第三者ならば例外的に救ってあげようとしました。
それが94条2項の類推適用説です。

良いでしょうか。
記憶で解いている方も注意してください。
外観があるからそれだけで保護したのではありません。

外観がある+積極的にそれを作り出した+さらに放置している+相手方も善意

これだけあって始めて相手方を保護したのです。
こういったことは記憶で解いていると身につきません。
しっかり問題分析をしながら解くことです。

それではまた。

行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
メール asukayama@movie.ocn.ne.jp
にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ
スポンサーサイト
01:38 | トラックバック:0 | 19年度行政書士試験 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/37-c8404344

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。