行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


民法の常識

今までどうでしたか?

『まず、問題分析をしましょう!』『常識を使って解きましょう!』
なんて、予備校の教え方なんかと違って驚いた方もいるかと思います。

私も民法の基礎は条文だと思います。
やっぱり民法の学習では条文は必要です。

たとえば、今、解説しているのは売買契約を人に着目して分析したらですね。

このときに、
未成年、成年後見の4条から21条、
代理でいえば、99条から117条、
取消でいえば120条から、126条、
他人物売買などの売買との関係でいえば560条から570条、

ここら辺を知っておけば一瞬で解けたものもありましたね。


予備校の先生も多くの方が言うでしょう。
『条文が大事だ』と。

私も一切異論を唱える気はありません。

しかし、

私は、それじゃあ、と思って条文を読み始める。
しかし、字は読んでいるけど頭に内容は・・・。

これはいけないな、と思うけど先生に訊いても条文が大事と言うばかり。

そこで、あなたは別の先生に聞いてみます。
すると、

続く

行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
メール asukayama@movie.ocn.ne.jp

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ

スポンサーサイト
17:50 | トラックバック:0 | 民法の常識 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/28-57f7ae92

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。