行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


20年行政書士試験 民法27問

さあ、だんだんおもしろくなってきましたよね。

善意の第三者とは
通謀虚偽表示があったことを知らなかった人

そして、

その通謀虚偽表示があったことを前提にその取引関係に入った人

って考えるべきなんじゃないでしょうか?

もちろん、ここら辺は学説の議論があるところなので難しいのですが、、、。
でも、そう考えますよね。

私の言いたいことはそれほど難しいことではないのです。

つまり、

善意の第三者として保護されるものは保護に値するだけのものでないといけない。

それは、

①通謀虚偽表示であることをしらないこと、

②その通謀虚偽表示であることを前提に新たに法律関係に入った者であること(つまり通謀虚偽表示による関係を真実と信じてあらたに法律関係に入った者)

ではないのでしょうか?

そう、177条の第三者でもやりますよね。
第三者とは何か?でしたね。

この基本を訊いている問題なんです。

これについてはそれほど皆さんも難しくないはずです。

で、実際の選択肢を見ましょう。



過去問をタダ解いてはいけません。

必ず来年へのヒントがあります。
それを探していきましょう。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。
スポンサーサイト
11:33 | トラックバック:0 | 平成20年度行政書士試験 民法解説 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/259-99a0f875

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。