行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


明日ですね。

明日ですね。

眠れない方も多いでしょうね。

私もそうでした。
そしていまでもそうです。

試験に緊張しない人っているかしら?って思います。
緊張していいです。

いつも思います。
緊張していいんです。

大事なことは緊張したときに開き直れることです。

もう、明日です。
できることは限られています。

もし寝れなければ一つ一つテキストを見返してください。

よいのは、テキストのしるしを見ながら勉強した時のことを思い出してください。

なんでこれに線を引いたのかな、
なんでここで迷ったんだっけな、
とか、
今までのことを思い出してほしいんです。

別に本を開かなくてもいいんです。
今までやってきたことを一つ一つアルバムをめくるように、あれもやった、これもやったって思い返してほしいんです。

そうやって思い返す作業をしましょう。

勉強は積み重ねです。
足し算です。


問題はもう作られて印刷もされています。
明日、もう、出る問題は決まっているのです。

焦ることはありません。

それは明日わかります。

今までやってきたことを出し切ってください。

それが最も大切なことです。

また明日。


どうしても民法で一つ見ておくとしたら、
やっぱり、不法行為ですよね。
特に不法行為と債務不履行との違いです。

これは非常に危ない。
何年も前から問題が誘っています。

だから出ない可能性ももちろんありますが、危ない。

記述で出たらどうしようと思うほどです。

そして、
弁済の提供と受領遅滞
ここらへんも危ない。

登記は良いですね。
意思表示と登記ですね。
制限行為能力者との関係で出る可能性はあります。

気になるのが、
混同です。
なぜ出ていない?と思うほどです。

使用貸借は見ておきましょう。

占有の必要費、有益費

附合、付加物、従物

担保権は今年は留置権かな?
この留置権と必要費の絡みが危なそう。

色々ありますね。

でもあせることはありません。

今までやってきたことを思い出して寝てください。
今書いたのは参考までに書いただけです。
あくまで私の予想です。

皆さんの予想もありますからね。
最後は自分を信じてくださいね。

スポンサーサイト
16:47 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/252-95f79323

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。