行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


予想問題を見返す

予備校だって、出版社だって、当てようと思って作っていますが、そう、そんなに当たるものでもないですよね。


でもね、そうではないんです。
予備校だって、出版社だって、これが危ないと思って出題するんです。

なぜ危ないと思ったかの根拠はあるはずですよね。
それを考えて問題の脇にでもメモしておいてほしいんです。

なんでこの問題が出ているのか?
なんでこんな訊き方をしているのか?
なんでこんな選択肢の作り方をしているのか?
など、自分でこの問題が出題されているわけを考えてほしいのです。

それが問題を解くということです。

だから、それを過去問でやってほしいんです。
最後です。

解きまくったとは思います。
しかし、過去問に出たテーマが形を変えて試験に出ているのは事実です。

何をきいているのか?
聞いていることが制度趣旨にかかわっているので、やはり難しくなっていることは事実です。

なぜ出ているのか?
予想問題にメモしてください。

そして、何を聞こうとしているのか?考えながら問題を解いてください。

そうすればまとめテキストの見方も変わるはずです。

この問題がなぜ予想問題として出ているのか考えることです。

その意味とは、、、。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


スポンサーサイト
18:31 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/250-5d0b7c05

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。