行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


行政書士試験、予想ではなく

ですから、失踪宣告もその範囲で見ておいてください。
転得者が保護される要件ですよね。

思うんです。

行政書士試験ではやはり事例的なものが多いのではないかと。
そうすると、総則関係ではやはり、第三者、転得者が保護されるかどうかというのが出るのではないかと。

そう思いませんか?
最後はそこなんです。

相談を受けても、結局は私は損しないのか?

そういう形で相談を受けます。

そのときに、
大丈夫ですよ。民法上は保護されています。
といってあげられるかどうか。

そこがかぎになります。

民法を全て見直すのは大変でしょう。
しかし、どうですか?

電車の行きかえりなどで、第三者、転得者が保護されるにはを総則から債権までずっと見直してみては、、、、。

債権と物権の違いで考えてみたら、、、、。

少しおもしろくなってきませんか?


残り少ない期間、そうやって電車の行きかえりに見直してみませんか?

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。



スポンサーサイト
07:59 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/240-cf4aba3f

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。