行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


16年29問行政書士試験民法過去問

婚姻の届出が単に子に嫡出子としての地位を与えるためのものだったら婚姻は効力を生じるか?

これはもう有名ですね。
解説も不要でしょう。
今年出てくれればと皆さん思いますね。

そして、離婚の場合も有名ですね。

今年出てくれるといいですね。


で、そこまでは良いんです。

その一つ上を行きましょう。

当事者間に意思表示の合致があれば婚姻は効力を生じるか?

というのが本問のキーになっていますね。

さて、当事者間の意思表示があれば契約は必ず生じましたっけ?

もちろん公序良俗もありますよね。
それ以外では、、、、気がつきますか?

当事者間の意思表示は絶対ですか?
意思表示の規定をもう一度見直してください。

今年は危ないですよ。

私は行政書士試験が民法の基本的な概念を問う問題にシフトしていると思っています。
基本的なことを聞いてるが、それをそのまま訊かず、先取特権や直接強制のようなあまり今まで試験で問われていなかった制度にそって聞いてくる感じがしています。

だから、難しい。
しかし、だからこそ、対策が立てられるのです。

意思表示を真正面から聞かないと思います。
しかし、それを知っていれば簡単に答える問題が出ると思います。

がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
スポンサーサイト
01:00 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/203-4f00d532

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。