行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


16年第29問行政書士試験民法過去問

それは、
19年の第28問の学説問題もあれは純粋な学説問題でもないですよね。
まあ、学説問題ですが、問題文をよく読めばわかりますが145条の解釈問題ですよね。

145条ってどんな条文でしたっけ、、。

ここが出発点です。

試験委員も純粋学説問題にしなかったのではないかなあ、って思います。
まあ想像ですが。


ともかく私の言いたいのはまだまだ充分間に合います。

過去問分析をすること、そして、二ヶ月前です。

過去問分析からおさえておくべき条文をチェックすることです。

ええ、演習はもちろん大事ですよ。

しかし、この残り二ヶ月は条文もチェックしていきます。

過去問+条文+演習をバランスよくやっていきます。

過去問の比重が若干減りますね。
その分に条文の比重が入ってくる感じです。

条文の比重が上がるのはいいですよね。
演習は減らせませんね。

でも闇雲にやらないのは前に書いたとおりです。

勉強は計画的に進めてくださいね。

直前期はまた本試験過去問を見直します。

勉強は計画的にやるのが大事ですね。

皆さんも自分なりの計画を立ててくださいね。

残り少ないですが、まだ充分間に合います。
がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

スポンサーサイト
09:25 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/197-3da4b94c

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。