行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


16年度行政書士試験民法過去問

16年度の問題に移りましょう。
25問、26問、27問は以前、解説しましたね。

なので、28問からですね。
28問は委任契約に関する問題です。

どうですか?
ここまで一つの制度を訊く問題ってあんまりないですよね。

で、委任契約です。

この問題の詳しい解説はテキストを見ればいいでしょう。
問題はこの問題が今年に出るかどうかですよね。

まず、委任契約って行政書士にとって大事だと思いますか?
どう思いますか?

はっきり言って、大事です。
なぜか?

仕事をすればすぐわかります。
委任状をもらうべきか?委任状をどう書くべきか?でまず最初に悩むはずです。

そうなんです。
行政書士の仕事として、代理権が含まれましたよね。
それって、いつでしたっけ?

勘のいい人は気がつきましたね。
そう、代理権を取得した年度の後に委任の問題が出ています。

すごいですね。
こういうのは試験委員は大好きですね。

それはともかく、委任は業務をするときにとっても大事です。
委任状をもらって業務をするのです。

そうであれば委任について基本的な規定はおさえましょう。


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

スポンサーサイト
12:47 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/190-63a816c1

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。