行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


15年度第30問 行政書士試験民法過去問

まず確認していただきたいのは19年35問との比較ですよね。

何度も繰り返していますが15年30問に詳しくなっても仕方ないですよね。
今年の合格のために何をするかです。

19年35問は、生後不明、胎児、養子、廃除、放棄がキーワードになっていますね。

問題はあんまり質が良いというタイプではありません。
しかし、行政書士ならば知っていなければならないキーワードが並んでいます。

ちなみに17年は遺留分減殺請求権です。

かぶってはいません。

ここから相続に関して、それほど深くなくていいけれでも満遍なく知ってもらいたいことが17、19年の問題を比較するとわかると思います。

そして、大事なことですが、19年は民法総則を生後不明、胎児、という形で聞いてきた。
17年は遺贈と登記という形でも聞いてきていますね。

やらないわけにはいきません。

浅い知識でいいです。
ただし、総則、物権と絡んでいる相続の知識は抑えてください。

私はやっぱり『                』が危ないと思います。

これについてはどうしても気になりますね。
そして、『            』と相続の絡みですね。


なぜこれを聞いてこないのかが非常に気になっています。
ロースクールの受験生が増えていることを考えると聞いてくるのではないかな?って思っています。

ちゃんと制度趣旨に返れば気が付くはずです。

では選択肢順に見ていきましょう。


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
スポンサーサイト
09:47 | トラックバック:0 | 15年度行政書士試験 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/182-3580c35d

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。