行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


15年29問行政書士試験過去問

では、次は選択肢エです。

本肢は建売住宅が売買契約成立後引渡し前に売主側の「従業員の過失」によって半焼してしまった事例です。

このケースで買主は売主に対して危険負担に基づく代金減額請求ができるか?ですね。

で、いいですよね。これも。
過失があるっていってしまっているんですよね。

従業員に過失があるんですよね。それは売主に責任を問いえてもいいですよね。
債務不履行でいけますよね。

で、危険負担は?

そう、この問題は結局危険負担がダミーなんですね。
ここが難しくさせている。
ダミーであるのは知らなくても正解が出せるからです。

なんだか趣味で危険負担の要件を聞いている問題のような気がしてます。

でもね、そのわりにはね、18年、19年で危険負担を聞いているんですよね。

ね、おもしろくないですか?

すっごく、すっごくおもしろいです。
行政書士試験の特徴の一つです。

一回出たものをさらに難しくして聞く。

この問題の正解はどうでもいいんですよね。

皆さんが知りたいのは今年の問題ですよね。
今年何が出るかですよね。

危険負担については前回書きましたね。

半焼って気になりませんか?
すっごく、気になりますよ、私は。

もういいですよね。
私の言いたいことは伝わりましたね。

それではまた。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
メール asukayama@movie.ocn.ne.jp

スポンサーサイト
00:05 | トラックバック:0 | 15年度行政書士試験 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/174-0aac1d65

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。