行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


15年度第29問行政書士試験

それでは、15年度からやっていないのをチェックしていきましょう。
27、28問はやってますので、15年度第29問ですね。
今後はさらに少ない日数で以下に過去問を復習して合格のための知識をつけるかに重点を置きます。
詳しい解説は過去問集を参照してくださいね。

それでは15年29問です。

この問題は難しいです。キチンとやれば、、、。正直この問題をキチンと理由をつけて人に説明できればかなり実力がある人ではないかな?って思います。

まず、債務不履行とかの選択肢をみるとこのあたりは近時の頻出ですよね。

これは18年31問で出ていますね。
他には18には46問の記述、19年には46問で、出ていますね。

それ以外にも使用者責任の問題が出ていますよね。

要するに、まあ、危ないですよね。
誰でも予想できる。

そして、繰り返しますが、結構難しいです。
キチンとやれば、、、ですが。

で、まずは、考え方ですが債務不履行と不法行為の違いってわかります?
簡単に言えますか?
中学生に説明するぐらいにですよ。

さらに、瑕疵担保責任と危険負担の違いってわかりますか?
まあ、これを比べることってあんまり意味がないかもしれませんね。

では、危険負担って何を負担するのですか?

難しいことはいいです。
何を、どんな場合に負担するのかです。

では、瑕疵担保責任は何を、どんな場合に負担するのですか?

皆さんここら辺をすぐいえますか?

私は思うのですが、判例を読んだりするのはとってもいいことなんですが、制度趣旨、条文を離れてはいけませんよ。
民法は特にそうです。


今上げたことが頭に入っていれば、かなり応用がきくと思います。
解説でもそこのところをチェックしてください。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
メール asukayama@movie.ocn.ne.jp

スポンサーサイト
11:17 | トラックバック:0 | 15年度行政書士試験 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/170-e3d42ffc

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。