行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


行政書士試験民法 平成18年第30問

ということで、もう一度平成18年第30問に戻ります。
選択肢5ですね。

で、これについては遺産分割で共有することになった場合に、5年間、遺産分割請求をすることができないか?という問題ですね。

結論は良いですよね。

で、当然この問題の射程ですよね。
なぜ、18年に出ているのか?今年出るかですよね。

もうねえ、正直ねえ、出ますよ。
そりゃ、だって、相続関連は毎年のように出てます。
もちろん相続関係は出てない年はあります。

でも、共有関係は毎年のように出ています。

15年28問選択肢5、第30問選択肢4です。
しかも、16年の第26問選択肢3を見てください。

もう、ねえ、正直何も言いたくないです。

あの~、正直、ホントに、いいにくいんですけど、あの~、行政書士試験の民法って、その~、その~、、、、ですよね。

絶対に難しくないとは言いません。
やっぱり合格するのは大変です。

でもねえ、その~、あの~、って思います。

いろいろなブログを見ますけど、そういうことって何で書いてないんですかね?
正直何か理由があるんでしょうか?


皆当然のことってわかりきっていいるから書かないのでしょうか?
そういう受験業界の掟はよくわかりません。

でも、過去問を勉強してそれに関連するものを勉強すれば18年、19年は民法で合格点が取れないとは、、、、、。

みなさん、がんばって、あきらめないで。


民法は正直一回でも過去問を解いたことのある方なら充分間に合います。
正直、解いたことのない方でも間に合うと思いますよ。

もし、興味がある方は是非ご連絡ください。
リンク集の飛鳥山過去問塾の連絡先からどうぞ。
メールならば何時でも大丈夫ですよ。

今年合格したい方、是非どうぞ。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


スポンサーサイト
22:47 | トラックバック:0 | 担保物権にまつわる問題 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/160-3be60cb0

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。