行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


80日で受かる?行政書士試験 新しい問題が出たら

新しい問題、見たことない問題が出たら、、、。

考えただけでもいやですね。

ぞっとします。

でも、再三書いているように、過去問を分析すると全く新しい問題が全部出ることはなく、総則ばかりとか、家族法ばかりとかということはありませんね。

でも、新しい問題が出たら、見たことない問題が出たら、、、考えるととまらなくなります。

繰り返しますが、同じテーマ、関連するテーマは毎年のように出ます。
そこをまずおさえる。

そのための過去問分析ですね。

ですから、新しい問題が出たらと考えるよりも、過去問で出たテーマに関連するテーマが出るならば、と考え方を変えるのです。

発想を変えるのです。

過去問で出ているテーマの派生したテーマが出るって考えるのです。

発想の転換ですね。

実は過去問を解かなくて受かるという人はそういう転換がうまく出来る人なのです。

だから、予想問題だけやって受かったという人もいるわけですよね。

ですから、80日で民法を合格点にと思ったら過去問を分析してどのテーマが出ているのかを解かなくても良いから考えないといけないのです。

で、全く見たことのない問題が出たらですが、もう、答えはここまで読めばわかりますよね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ

19年の問題で考えて見ましょう。
スポンサーサイト
01:07 | トラックバック:0 | 夏期集中講座 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/154-22253d2f

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。