行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


80日で出来る? 過去問を一度でも見たことある方へ

私があえて80日で民法攻略と書いたのか?

もちろん80日で民法が完璧になるなんていいません。

そんなうまい話はありません!

でも、今まで勉強していて民法がなかなか上達しないという方にありがちな、

『そうだ、民法を基本からやろう!
しかし、民法はたくさんあってどうしたらいいのか?
過去問も少ないし、、、。』

そんな方へ、

民法は今まで過去問を一度でも見たことがある人ならば

80日あれば行政書士試験の民法で合格点は取れる

といいたいのです。

なぜそういうのか?

私が民法を教えたり話したりするとき良く思うのは民法を単体で覚えている人が多いことです。

即時取得は即時取得。時効取得は時効取得という具合に。

でもそうではないです。

そう、試験でも原始取得として並立して出ていましたね。
そうなんです。

一見全く違うようなテーマでも元を正せば同じのことも多いのです。

それに気がつけば、
暗記の量が半分、いや、4分の1以下になります。

この効用は大きいですよ。
他の教科の勉強時間が増えますからね。

こういうと、なぜ、民法の分析を強調するかがわかってきたと思います。

民法で6割を確実にする

これが合格への第一歩だと思います。

膨大な民法。

だからこそ、過去問分析なんです。

だからこそ、過去問分析をしながら出る問題を考えるのです。

だからこそ、過去問分析をして類似問題を自己流でも無理やりでいいから問題と問題を関連付けるのです。

こうすれば民法の覚える量が圧倒的に減ります。
そして、見直しがものすごく楽になります。

何年度を聞かれても問題を見てその類似問題を思い出してその知識を使って一気に見直せます。

これが過去問分析の効用です。

こうすれば民法過去問を完璧にするのに80日も必要ありません。

はっきり言って一度でも過去問を解いたことがある人ならば1ヶ月で過去問を完璧に出来ます。


それで過去問が完璧になります。

その後は、出そうな問題に片っ端からあたれます。

50日間民法の問題付けになることが出来ます。

これは大きいですよ。

そして、新しのを覚えることが出来ます。

よく皆さんに良くありがちなのが新しいのが出た!ってなってしまうことです。

新しい問題には解き方があります。

それはどうしたらいいと思いますか?

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ
スポンサーサイト
13:25 | トラックバック:0 | 80日で出来る民法攻略 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/151-593ed675

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。