行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


行政書士試験過去問解説19年度第29問

そして、193条のように即時取得を無効にする規定がある。
即時取得の本質にかかわる規定の存在を前提にして、194条でシバリを張ったのです。

いくらなんでもいつでも無償で取り戻せるのはどうなの?っていうことから占有者が競売その他のケースでは対価を払わないと取り戻せないよ、って言ったのです。

で、選択肢を見ると正解肢は

193条のことをかいてある選択肢3なんです。

194条がダミー

なのです。

この現実をどう思いますか?

おもしろくないですか?

私は本当におもしろいと思います。

私が言いたいのはこの問題はおそらく出ないでしょう。

しかし、この形式の問題は今年度でると思います。


良いですか?

過去問分析はここまでやってください。

ここもでやるのが

最低限の過去問分析です。

最低限ここまでやってください。

そして、この先をやるのです。

今年度何が出るのかです。

これについてはもう少し前に示唆しましたね。

このブログでもかなり示唆してますよね。

選択肢を読んでいけば

しつこく聞いている

『                            』しかないでしょ?

出るかどうかなんてわかりませんよ。
しかし、選択肢を読んでいて、これをやらないわけはいかないでしょう。

必ず、絶対やってくださいね。

勉強している人はわかりますよね?

ではまた。
にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

スポンサーサイト
00:02 | トラックバック:0 | メッセージ |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/106-4f575f61

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。