行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


平成19年度行政書士試験 民法過去問

あと、この問題の詳しい解説は必要ないと思います。

過去問集の解答に詳しく書いてあると思います。

改めて書く必要はないと思います。

それに、この問題は193条、194条の関係を聞いているに過ぎませんね。

私個人はこの問題が難しくないとは言っていません。

本問は、難しいです。

試験場では
『買取の日』?『盗難の日』?
『保管に要した費用はいるのか?』、『無償でか?』

など、迷いだすと焦ります。

(良いでしょうか?
実は、本問も要件を聞いている問題に過ぎないのです。難しい問題ですが訊き方は変わっていません。)


私は、この問題は用意できたというだけで

正解できるかどうかは言ってません。

良いですか?

あくまで受験です。
用意はしてください。

でも完璧な準備は難しいです。
まあ、無理ですよね。

でも、試験です。
可能な限り準備して欲しいのです。

闇雲に過去問を解くのは意味がありません。

こういうのがすきなんだ、こういう出方をするんだ、と考えながら勉強してください。

もう、試験まで日にちはありません。
そんなに民法に時間は取れないはずです。

まだ充分間に合います。
しっかり、民法の過去問を分析して問題演習をしてください。

そして、最後は問題演習量です。
予想問題もしっかり解いてください。

国家Ⅱ種レベルの問題などもすごく良いですよ。
そのときにも無駄な問題をやるのでなく、しっかり過去問を分析して出る問題をやってくださいね。


にほんブログ村 士業ブログ 行政書士へ

スポンサーサイト
12:51 | トラックバック:0 | 売買の目的物での検討 |TOP



トラックバックURLは http://gyouseigoukaku.blog25.fc2.com/tb.php/104-d14381cb

トラックバック


コメント


コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。