行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


ここから出来ること!

平成18年問題27

選択肢1では制限行為能力者の取消の一般的な効果
選択肢2では未成年の催告
選択肢3では成年被後見の日常行為
選択肢4では被保佐人の詐術
選択肢5では被補助者の取消権者

です。
本問は何を訊きたいのでしょうか?

考えてみてください。
未成年から被補助者まで全て、満遍なく訊いています。
そう、一つもやらないことは許さないのです。

そして、取消の効果、取消前に出来る催告、取消できる人、取消できる場合、取消できない場合

という形で、取消について満遍なく訊いているのです。

いいですか?

これを見るだけでどうやって勉強したらいいかわかりませんか?

制限行為能力者の取消制度を全て訊いているのです。

明らかに問題の質が変わってきています。
行政書士試験は難しくなってきているのです。
制度の理解を満遍なく聞く試験に変わってきているのです。

しかし、そういう試験だと気が付けば、今からでもまとめテキストの見方も変わってくるし、過去問の見方も変わってくるし、予想問題の解き方も変わってくる、はずです。

どう変えれば良いのでしょうか?

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。
スポンサーサイト
08:12 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


短い期間でも出来ること!

そう、言いたかったことは一つなのです。
でも、それを書いてあるテキストが、あんまりなかった。

いや、本当はあります。
けれども、もっと強調してもらいたかったのです。

それは、問題文の意図を考えながら勉強すること、です。

私のブログではそれを繰り返し書いてますね。
過去問をただ解くのではなくその意図を考えながら解くことですよね。

例えば、平成18年問題27問です。

これは、今年非常に危ない制限行為能力者の問題です。

よく読むと、
選択肢1では制限行為能力者の取消の一般的な効果
選択肢2では未成年の催告
選択肢3では成年被後見の日常行為
選択肢4では被保佐人の詐術
選択肢5では被補助者の取消権者

ですね。

よく考えてください。
本問は何を聞きたいのでしょうか?

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。
07:54 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


直前!!! 伝えたい思い、、、。

民法総則は去年、時効も出ていますし、代理も出てますよね。

やはり出るなら、成年後見かな、って思います。

そこは皆さんも予想してますよね。

でも住所とか見たいのが出たら、、、、。
なんて考えてしまいますよね。

当然ですよね。

私は論文で受かっています。
で、論文のときは簡単だったて思いますよね。
そうですね。
確かに民法や行政法は簡単だったですね。
でもね、論文です。

難しかったですよ。
何をやってよいのか、、、。

で、うわさが広まるんです。
○○が出るとか、、○○が危ないとか、、、。

私が受かった頃は大体8%ぐらいの合格率でした。
本当に何を勉強していいのか、何をやったらいいのか、、、。

迷いました。

うわさでは、あの人は論文だけで何年も、、とか、、、。

それを聞いたときの思いは、、、、。

、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

いろいろ細かいことを考えても仕方がありません。
やるしかないでしょう。

私はこのブログを通して伝えたかったことは一つしかないのです。

でも、そのことを書いてあるブログがないな、って思ってそれで書いたのです。
それは、、、、。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。
10:31 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


民法総則では

意思表示以外では、、、。
代理は去年出てますよね。
まあ、出ないかなあ、、、。
全くでないとは思いませんが、それ単独では訊かない気もします。

ちょっと気になるのが、、、、。

やっぱり従物です。
従物、附合物、付加物の違い。
そして、抵当権との絡みです。
去年の30問を解いたらこれを想像しない人はいませんね。

しっかり見ておきましょう。

すっごく気になります。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。





06:08 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


第三者の保護

やはり第三者、転得者の保護は危ない。

登記は今年は見ておかなければいけない。

そして、私が気になるのは、物権だけでなく債権。

やはり478条です。
保護要件は大丈夫ですか?

480条は大丈夫ですか?

表見代理のケースの第三者保護要件は大丈夫ですか?

178条の場合の第三者保護要件は大丈夫ですか?

私としては、今年の試験で一番気になるのはここのところですね。

何で去年登記が出なかったのか?
いや、出てます。

第27問の選択肢5で。
94条2項の外観保護のケースですね。

しかし、問い方が真実の持ち主は対抗できるか?
という訊き方でした。

18年度は制限行為能力者の問題が27問で出ている。
その訊き方は相手方の保護で訊いている。

やっぱり気になります。

意思表示ですよね。
詐欺、錯誤、強迫、解除、心裡留保
94条2項類推 

そして、代理と絡めるかも、、、。
101条は大丈夫?

すっごく気になります。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


07:15 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


直前だから

あと、なぜ失踪宣告がでるのか?

これはちょっと業務をやるとわかるのですが、失踪宣告というのは結構相談するときに聞かれることがあるんです。

相続などで親戚が不明なんですけど、、、。
なんて相談が来ます。

そのとき相談するかたは失踪宣告という言葉はともかくそういう制度があることは知っているんですよね。


そこで、相続人がらみの戸籍調査で聞かれたりもします。

キチンと要件を答えられないと恥ずかしい思いをしますよ。

要件をチェックしておいてくださいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。
01:14 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


行政書士試験、予想ではなく

ですから、失踪宣告もその範囲で見ておいてください。
転得者が保護される要件ですよね。

思うんです。

行政書士試験ではやはり事例的なものが多いのではないかと。
そうすると、総則関係ではやはり、第三者、転得者が保護されるかどうかというのが出るのではないかと。

そう思いませんか?
最後はそこなんです。

相談を受けても、結局は私は損しないのか?

そういう形で相談を受けます。

そのときに、
大丈夫ですよ。民法上は保護されています。
といってあげられるかどうか。

そこがかぎになります。

民法を全て見直すのは大変でしょう。
しかし、どうですか?

電車の行きかえりなどで、第三者、転得者が保護されるにはを総則から債権までずっと見直してみては、、、、。

債権と物権の違いで考えてみたら、、、、。

少しおもしろくなってきませんか?


残り少ない期間、そうやって電車の行きかえりに見直してみませんか?

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。



07:59 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


行政書士試験  これだけでも

成年後見は、皆さん、予想してますよね。
で、やっぱり取引関係です。
一押しするならば、取消と登記ですよね。

大丈夫ですか?
解除と登記は出ています。
そうしたら取消と登記ですよね。

成年後見
詐欺
強迫
との違いは大丈夫?

第三者保護規定の有無ですよね。
取消前、取消後の第三者は保護されるのか否かでしたね。

危ないと思います。

皆さんはどう思いますか?


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。
00:06 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


行政書士試験  これだけでも

で、第三者保護規定の有無ですよね。
取消前、取消後の第三者は保護されるのか否かでしたね。

それと登記を絡めてくださいね。

もう、今年はやっぱり意思表示は気になりますよね。
意思表示と善意、悪意
登記の有無
第三者保護規定

錯誤無効

ここら辺のところをしっかりおさえるべきだと思います。


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。
00:06 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


行政書士試験直前だから

直前だから、全部見直すというのは大事です。
でも、実際にはいろんな科目がある。
だからこそ、まとめを見てチェックする。

しかし、字の羅列で飽きてしまう。

そこで、目的意識を持ってみて欲しいのです。

行政書士試験ではあまり第三者保護についてや転得者保護を重視した問題が出ていません。

ですからでないともいえますし、出るといえるかもしれません。

そこはわかりません。

しかし、前回も書いているように
意思表示
行為能力
解除
177条
登記
など取引関係における第三者保護は気になります。


ですから、予想問題などでは失踪宣告における転得者の保護要件なんかが結構出ているんですよね。


そして、
私が気になっているのは、、、。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。
00:03 | トラックバック:0 | 夏期集中講座 |TOP


行政書士試験!見ておくならば、、、。

それでは、民法総則ならば、、、

まず、やっぱり成年後見制度です。
危ないですね。
人に関しての問題は必ず出ています。
無権代理
表見代理
未成年
成年後見

ここら辺の取引関係は必ず出ます。

去年の他人物売買、無権代理を考えたら、成年後見でしょう。

17年では比較をしてましたね。

すると、やっぱり成年後見における取引関係を見ておかなければいけないですね。

成年被後見人は常に取り消しが出来るのでしたっけ?
同意権は誰に与えられるのでしたっけ?
同意権、取消権、代理権は結局誰が持つのでしたっけ?
取り消したらどうなるのでしたっけ?
その法的効果は?
法定追認は大丈夫ですか?
詐術も大丈夫?黙示でも良いんだっけ?

そう、成年後見関係の取引が危ないと思います。
まとめテキストでチェックしてください。

未成年も危ないですよ。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。
10:19 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


行政書士試験直前! 見直すならば、、、

さて、最後にまとめなどで見るならば、、、です。
正直、直前期はなかなか手につきませんからね。
でもこれは見ておいたらどうですか?
というのを書いていきます。

あたるかどうかはともかく、わたしが過去問を分析してきている中で見た方がいいものをあげます。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。
10:18 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


今年の行政書士試験は、、、。

さて、本当に試験も間近になりましたね。

本当に緊張しますよね。
こればっかりは試験を受けている人しかわかりませんよね。

がんばって!といわれても、がんばってるよ!って言い返したくなる、、、。
そんな時期ですよね。

今の時期はやっぱり予想問題を解くことが中心になりますよね。
それはそれで良いんです。

ただ、過去問も必ず一問は見て欲しいな、って思います。
過去問はやっぱり見れば見るほど気になりますからね。

何度も何度も繰り返してますね。
過去問で問われたテーマが毎年出ています。

しかし、過去問がそのまま出ることはありません。
過去問を解いているとそのことに関連したテーマが後の本試験で出ています。

ですから、過去問を解くときにこの問題の出題意図は何かを考えながら解いてほしいのです。

さて、試験直前になるといったん全部見直したいと思いますね。
しかし、何を見直していいのかわからない。

そこで、次回からはこんなところを皆さんのお手元のまとめテキストで一度チェックしておいたらどうですか?ということを試験直前まで書いていこうと思います。

それでは。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。
10:35 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


17年行政書士試験 民法過去問

どう思いますか?

遺留分減殺請求など遺留分が単独で出る可能性はまあ、少ないでしょうね。

そう、私はそれ以外の、寄与分や特別受益が危ない気がします。

これも結構相談されますよ。

実際にこれだけ面倒見たのですが、、、。
なんて言われることもたくさんあります。効かれますよ

皆さん、義理の父の面倒を見ていた長男の嫁に寄与分があるかどうか覚えてますか?

結構聞かれます。

答えは良いですね。

寄与分、特別受益には注意してください。


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


16:50 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


17年第29問

さて、17年第29問では遺留分減殺請求権の問題ですね。

遺留分減殺請求権は危ないです。
相続の相談を受ける時もよく聞かれます。

遺言で○○が相続財産をすべて取得してしまうと書いてあるけど私は何にももらえないのでしょうか?
という相談を受けることがあります。

それだけでなく遺言を書きたいのですが、という相談を受けることもあります。

その時に遺留分についての知識を持っていることは非常に大切です。

この問題はそういった流れの中で出るべくして出た問題だと思います。

それでは、問題は今年でるかどうかですね。
どう思いますか?

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


16:38 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


今後のブログの進みかた。

さて、今後のブログの進み方です。
本来年号ごとにやっていっていますから17年の続きですね。

一応それは守りますが、もう、一か月前です。

だから、出そうな過去問を再度取り上げることもあります。

もう、年号順とか言っている場合ではないと思います。
皆さんも危ないのを早めにやってもらいたいと思うはずです。

なので、次回より、ランダムに進めます。

見ておいたほうが良いテーマに関する過去問を取り上げます。

臨戦態勢です。

がんばりましょう。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


02:21 | トラックバック:0 | メッセージ |TOP


return to 過去問

私が強調したいことはそれほど大したことではないのです。
しかし、とっても大事なことです。

それは予想問題をやる時に過去問から離れないように、ということです。

予想問題は確かに過去問を分析しています。
しかし、予想問題はあくまで予想問題です。

過去問とは違います。

やはり過去問とは違います。

私は最後まで過去問に慣れ親しんでほしいと思っています。

過去問の言い回し、過去問の問いかけ方に慣れてほしいんです。

最後の最後の瞬間まで。

もちろんまとめテキストでチェックすることは大事です。
しかし、必ず過去問に帰ってきてください。

最後は過去問です。

過去問を分析して、
これが出そうだ、
じゃあ、条文を見ておこう、
似た予想問題があったな、
じゃあやっておこう、
まとめてたのがあったな、
それを見ておこう、

です。

私は過去問をチェックして教えている人にこれについてみておいたほうがいいよ、って言っています。

そう、過去問から離れてはいけません。

このブログを読んでいる人はわかってますね。

いかに過去問を検討することが大事かを。

過去問は大事です。

まだまだ伝えきれていないことはたくさんあります。

残り一か月ほどです。
できるだけそれを伝えていければな、って思います。

でも、どうしても気になる方はどうぞ電話してくださいね。

ご相談にお答えします。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

00:01 | トラックバック:0 | メッセージ |TOP


予想問題をタダ解かない。

で、大事なことは予想問題をただ、漠然と、解かないことです。

なぜ、この出版社はこの問題を予想問題として出したのかを考えてほしいのです。

なぜ、登記の問題が出ているのか?

そうか、これは去年出ていないからだ。
だから、今年は出ると予想しているんだな。

瑕疵担保が出ているな。
そうか、これも出ていないからだ。

などと考えてほしいのです。

適当に問題を出すことはありません。
まあ、中にはそういう問題集もあります。

しかし、出版社だってきちんと過去問を見て出しているはずです。

そう、皆さんも予想問題が過去問から検討すると、こういう理由で出しているんだ、と考えてほしいんです。

そうしないとやみくもに無駄な勉強してしまいます。

それに、、、、。


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。



17:19 | トラックバック:0 | メッセージ |TOP


できる必要はない!

繰り返しますが、予想問題がいくらできても意味がありません。

いけないことは、予想問題が出来ないからと言って、予想問題を解かないことです。

予想問題を解いてください。
できても、できなくてもです。

予想問題は予備校も出版社も当てようと思って作っています。
ですから、きちんとした予想がなされているものも多いです。

確かに、問題集の中には、この問題はどうかな?というものもあります。
しかし、ある一定の基準で作っています。

そうであれば予想問題についてはおさえるべきです。

出る可能性のある問題をたくさん解いてみることが大事なのです。
できたか、できないかは二の次です。

出来なかったらその問題をおさえる。
できていたらそれについてきちんと確認する。

それが大事です。

で、余裕がある人はこれをやりましょう。
それは、、、。


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


22:14 | トラックバック:0 | メッセージ |TOP


予想問題はできなくてもよい!?

そうですね。
予想問題をやって解けないと焦りますよね。

私でも教えるときには必ず一度は自分で解いてみますが、できるかどうかは未だに緊張しますよ。

で、こんなのでるかよ!って思ってしまうこともあります。

そこで、皆さんに言いたいのは、予想問題は出来る必要がないということなのです。

厳しい言い方をすると予想問題がいくらできても合格しないのです。
そして、模試でいくら点がよくてもです。

本試験でできないとだめなんです。
テストとはそういうものなんです。

だから、予想問題をどう使ったらいいのでしょうか?


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

17:40 | トラックバック:0 | メッセージ |TOP


残り一か月 予想問題の使い方

さて、皆さん勉強の進み具合はどうですか?
今はおそらく予想問題を解きまくっているでしょう。

ほぼ一か月前ですからね。
そうするのが良いですね。

ちょっとだけアドバイスをしたいと思います。

予想問題はいろんな出版社から出ていますね。
私の意見はその予想問題はできるだけ解くようにしてください。

私も受験生時代は本屋の棚のはしから順に予想問題を買っていきました。

一冊買って、解いて、そして次の問題集という感じでしたね。

で、予想問題集を解いているとき難しい問題にあたったり、こんな問題でないよ、と思うこともありますね。

どうしたら考えたらよいでしょうか?


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
17:10 | トラックバック:0 | メッセージ |TOP


17年28問から予想する

さらに行きましょうか?

私ならあれを見ます。

履行が問題になっているんですよね。

履行の有無ですよねえ。

さらに過去の傾向を見てください。

そうしたら、、、
> > 追加の記事を読む
11:15 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


行政書士試験民法17年28問から予想する

で、今年の試験ですよね。

今年の行政書士試験に何が出るかですよね。

この書面によらない贈与から考えられることといえば、

物権の好きな行政書士試験といえば、

登記が好きな行政書士試験といえば、

不法行為が好きな行政書士試験といえば、、、


なんて私が書くかわかりますか?






> > 追加の記事を読む
02:41 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP




| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。