行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


平成17年28問 行政書士試験民法過去問

さて、結局この問題は書面によらない贈与における履行の意義をチェックすることが第一に挙げられますね。

それ以外ではやっぱり負担付贈与、期間の定めのある贈与の問題点ですね。

ここら辺は詳しくはテキストを御覧になってくださいね。

やるべきことは前に解説しましたね。

そう、もうこの時期です。
予想問題が中心になっていると思います。

しかし、過去問を分析して勉強することも大切なんです。
最後は過去問ですからね。

さて、この問題では少し気になることがあります。

書面によらない贈与ですよね。

すると怪しいのは、、、、、。




にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
スポンサーサイト
23:10 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


平成17年28問 行政書士試験民法 過去問

さて、履行について行政書士試験委員は気にしていることがわかりましたね。

だから、契約の成立の有無を訊く19年33問もそうですよね。

で、皆さんが気になるのは今年の出題、これから一ヶ月でやるべき問題ですよね。

私がすっごく気になるのは、、、、、

続きをどうぞ。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

> > 追加の記事を読む
23:09 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


17年度行政書士試験民法過去問 これって気がついてます?

そうですね。
17年で書面による定めのない贈与
でした。
そして、18年で解約手付けの問題でした。

17年は履行の有無

18年は履行の着手の有無

で、そういう目で19年を見てみましょうか。

気になる単語は

そう、履行

ですよね。

もう良いですね。

19年の31問。

AがBとの間で、もち米50キロを買う契約をしました。

Bによる引渡しの準備が終わっていない場合についての問題でした。

引渡しの準備が終わっていない場合!!!

これって、説明、要りますか?

これって本当になんだろうって真剣に思いましたよ・

履行のこと聞いていますよね。

17年が履行が終わったかどうか

18年が履行の前段階かどうか

19年が引渡しの準備が終わっていない段階

での問題でした。

どう思いますか?

行政書士試験委員って本当に、、、、ですね。

どうでしょうか?

そうすると今年はどうでしょうか?

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
01:09 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


平成17年 行政書士試験 民法過去問

さて、後は簡単に27問を見ておきましょう。

選択肢1、2、3は書面によらない贈与ですね。

書面によらない贈与は

履行が終わったか否か

が問題となりますよね。

問題となるのは、既登記の場合、未登記の場合、動産の場合の引渡しの有無ですね。

そこが問題になるのはいいでしょう。

それ自体の解説はいいと思います。

でね、皆さんハッとしませんか?

18年の第45問です。
この問題では売買契約において解約手付けが交付された場合にどのような要件のもとであれば契約を解除できるかという問題ですね。

これの答えっていいですよね。

で、問題となっているのは何でしたっけ。

そう、

履行の着手

があったかなかったかですよね。

こういうのが二年連続して出ているのってどう思いますか?

偶然でしょうか?

本当に私は行政書士試験っておもしろいなあ、って思います。

本当におんなじテーマを制度や形を変えて訊いているに過ぎないんですね。

もっと、言いましょうか?

ねえ、19年度の試験で気になりませんか?


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
20:09 | トラックバック:0 | 夏期集中講座 |TOP


17年 行政書士試験 民法過去問

たしかに、今年も17年のように贈与が単独で出るというのは考えにくいですね。

でも絡めて出ることはあるでしょう。

そのとき気になるのが、そう、負担付贈与、死因贈与ではないかなあ、って思います。

17年の問題を見てもそう思いませんか?

贈与は大事です。
相続の知識、贈与の知識、遺贈の知識は関連しています。
しっかりマスターしてくださいね。



にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
09:08 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


平成17年 行政書士試験 民法過去問

贈与契約がなぜ出ているか?

私は思います。
行政書士にとって贈与契約の知識は必要なのです。

なぜ?

行政書士業務の中に遺言書を作成するという業務があります。
遺言書の中には遺言者が特定の誰かにあるものを与えるという形で書かれますね。

このことをなんていうのでしたっけ?
そう、遺贈ですね。

遺贈と贈与、、、。

いかがでしょうか?

興味がわいてきましたか?

そして、負担付遺贈なんかはどうですか?
そう、遺贈には贈与の規定は準用されてませんでしたっけ?

どうですか?
そう、行政書士にとって贈与の知識は大事なのです。
ですから、テストに出ているのだと思います。

では今年に出るかですね?
どうでしょうか?

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
23:05 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


平成17年 行政書士試験 民法過去問

さて、28問目は贈与契約ですね。

贈与は難しいですね。
いまひとつわかりにくいですね。

片方があげるのに契約なんです。
そこが難しくさせている一因です。

そして、判例がそんなにあるというわけではありません。

それはそうですよね。
売買ならば問題になることは自然とわかりますね。

贈与の場合には、裁判になるのならば、贈与契約を履行しないから約束違反だから履行せよ、ということが考えられますね。
しかし、もらう方が、訴えるというのがそんなにあるとは思えないでしょう。

そうなんですね。
贈与と売買はやっぱり違うんです。

だから別の契約類型としたんです。

贈与の特殊性がわかっていただけたでしょうか?

じゃあ、贈与なんてもうテストに出ない?

そう考える方も多いでしょうね。

さあ、どうでしょうか?

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

22:43 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


17年27問行政書士試験民法過去問

選択肢オです。

被害者が損害賠償請求権を保全するために加害者の有する保険金請求権を、加害者の資力にかかわりなく代位行使できるかという問題ですね。

これは難しいですね。

ただ、無資力要件が必要であることを考えれば×にはできました。

で、それは良い。

この問題は、この後出てますね。

18年の46問ですね。

18年の方は抵当権の物上代位
17年は債権者代位

です。

ね、こうして並べると、勘のいい人はあって思いませんか?

思ってくださいね。

行政書士試験の民法はこの繰り返しです。

同じことを形を変えて訊いているのです。

どんな勉強したらいいのか、わかりますよね。

民法がどうしても苦手な人でも、きちん過去問を解いてきている人ならば今からでも、2,3問はアップしますよ。

他の教科のご相談もお受けしています。

気になる方はどうぞご連絡ください。。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

10:43 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


17年27問 行政書士試験民法過去問

選択肢ウをちょっと。

これも覚えている人はいるでしょうね。
債権者代位権で抹消登記請求権を代位行使できるか?ですね。

で、結論は良い。

問題は抹消登記だけをチェックしないことですよね。

では移転登記はどうなのか?
って考えてください。

これはテキストにも載っているでしょうね。

でも、行政書士試験って不動産と登記好きですよね。

で、去年は出てましたっけ?

で、私が気になる問題は、


中間省略登記

ですね。

ちょっと気になります。

これはなんとなくですね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

23:43 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


17年27問 行政書士試験民法過去問

さて、選択肢イです。

これも判例ですね。
で、イからエまでは同じ問題ですよね。

特に、イとエが同じ問題ですね。

動産か不動産かの違いだけです。

結論は良いと思います。

で、大事なことは今年の試験でしたね。

私は、本当にこの問題を見ると思います。
行政書士試験は動産と不動産の違いを必ず聞く試験だと。

この問題の中で動産、不動産が一緒に出題されていますね。

いいですか?
例えば、時効取得を考えて見ましょう。
なぜ、行政書士試験では時効取得と即時取得が出るのか?

なぜ、行政書士試験では他人物売買と無権代理が出るのか?

なぜ行政書士試験では債務不履行と不法行為が出るのか?

しかも、セットのような形で、、、、、。

もういいですね。

これ以上は、、、。

まだ日数はあります。
ただ漠然と条文を見返すよりも目的意識を持って見返してください。

行政書士試験の民法は難しいです。簡単ではありません。


しかし、
準備することは可能です。


それを可能にするのが過去問分析です。

残り少ない日数で過去問を見返すテクニックをお知りになりたい方是非ご連絡ください。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

21:42 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


17年度行政書士試験民法過去問

さて、27問の選択肢1です。

これについては判例を覚えている方も多いでしょうね。
それはそれでいいです。

しかし、

それで終わらせてはいけません。
よく考えてみてください。
もし、錯誤無効の主張権者が錯誤に陥った人だけだとしたら、、、。

そうですね、これって例外を訊いているんです。

実は出題されている判例が原則的な判例だけでなく例外的な判例を訊いてきているのです。

これは難しいですよ。

債権者代位権、錯誤の主張権者が絡み合っています。

錯誤の場合には誰が錯誤無効の主張が出来るかを考えてみてください。

そうですね、そう考えると問題を解くだけでで終わってはいけません。

無効の主張権者は?

公序良俗違反だったら?

無効と似ている取消の制度は?
誰が取り消しできますか?

そうなんです。

難しい。

判例の結論だけ覚えれば良いというものではないんですね。

これ自体の解説はいいでしょう。

詳しくはご自身のテキストを読んでください。

大事なことは今年の出題ですからね。


ですから、私のブログでは細かくその内容を検討することは致しません。
それはやはり細かい部分は自分のテキストをみながらするべきだし、そもそも線を引いたり書き込みをしたりしないと覚えられないですよね。

このブログではあくまで勉強のヒントと本試験で危ない箇所を指摘することに重点を置いています。

無効の主張権者
取り消しの、、、。

危ないです。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

11:42 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


17年度行政書士試験民法過去問

では、解説のしていなかった27問に移りましょう。

27問目は債権者代位権。
これって最近はあんまり出てませんね。

少し前は債権者取消権が出てましたね。

ただし、これについては前に書きましたね。
債権者代位権といえば、他人の権利を勝手に使うことなんです。
すると、それ相応の理由がなければいけない。

それが、無資力要件とですね。

それ以外にも債権が第三者が利用、行使しうるものでなければいけませんね。

あれ、って思いませんか?

これってどこかでやる議論に似ていますよね。
どこでやりましたっけ?

直接強制と間接強制ですね。

ここら辺は前にも書きましたね。
でも、改めて書いてみました。

皆さんはどう思いますか?

再三述べていますが、過去問なんて出来なくたっていいのです。
大事なことは何を試験委員が聞こうとしているのかキャッチすることです。

17年で債権者代位が出て、19年で直接強制が出ているんです。

もう、これ以上は書かないでくれと思う方もいるかもしれませんね。

そういうことです。
問題が解けることが意味あることではありません。

今の段階で一問も解けなくたっていいですよ。

大事なことは過去問で訊いていることを自分で考えることです。

何度も何度書いています。
そして、このブログを書くたびに思います。

おんなじことを形を変えて訊いているに過ぎないんだな、って。

まだまだ、充分間に合います。

興味のある方はご連絡ください。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

23:33 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


17年度行政書士試験民法過去問

26問目は即時取得ですね。

即時取得は去年はどんな出題のされ方をしていましたか?

そうですね、でないかもしれません。

ただ、毎年のように出ている。
やらないのは怖い。

テストとはそういうものですね。

さて、何をやるべきか?

もちろん、過去問は全てチェックですよ。

それ以外には、そうです。
あれです。

即時取得と占有改定

ですよね。

危ない。

私は思うのです。
行政書士試験の民法が基礎的なことを聞く試験になってきています。

すると、即時取得の基礎といえば、、、、占有の態様ですよね。

本試験では、即時取得の要件をずばり聞いています。
それが、平成17年です。

もっとサービスしましょうか?

私は、
動産が危ないと思います。
それ以上はまた。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

23:17 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


17年度行政書士試験民法過去問

24問の成年後見については本当に特に言うことはありません。

やって下さい。

そして、25問ですが不動産と登記ですね。

これも前に解説しました。

そして、登記ですが、去年出ていますか?

チェックしてください。


さて、サービスです。

思うのですが、取消と登記って危ないと思いませんか?

取消って、
取消権者って、
現受利益(現存利益)って、
法定追認って、

すっごく危ないですよね。


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

23:10 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


17年度行政書士試験民法過去問

さて、17年度の民法に入っていきましょう。

まずは24問目は制限能力制度の問題です。

この問題は前に解説しましたね。
で、成年後見ですが、

たった一言、今年は、
危ない


以上!

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796


23:05 | トラックバック:0 | 17年度 行政書士試験 |TOP


法改正が待っています!

待っています、法改正が。
法律は改正されます。
それは当然のこと。

しかし、試験を受けているときはつらいですよね。

待っています。

行政不服審査法
行政手続法

そして、
民法が、、、、。

どれもこれも行政書士試験に必要なものですね。

現在、不服審査法を勉強していますが、結構変わりますよ。

テストでどう出るかはちょっと読めません。
改正時期は微妙です。

そして、急に施行されるわけでもないのでなんとも言えません。

しかし、新法の意識を持った出題が出てくることが予想されます。
そうすると二つもやらなくてはいけなくなります。

大変です。

ましてや行政改革が進めばいわゆる一般知識はさらに複雑化してくでしょう。

今年はチャンスです。
頑張ってください。

私はチャンスだと思います。

過去問分析をして予想問題を解いてください。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

18:04 | トラックバック:0 | メッセージ |TOP


今年、受かろう!行政書士試験に。

本当に残り少なくなりましたね。

このブログでは再三過去問の重要性を説いています。
そして、過去問を分析して今年でる問題を準備できることも伝えています。

私は思います。

今年は受かるべきです。

もちろん、司法試験の問題もあります。
ロースクールを卒業した人たちが大量に受けることも予想されています。
行政書士試験もどうなるかわかりません。

おそらく変化するでしょう。
私は民法はもっともっと今以上に基本的な民法の性質を訊く試験になるでしょう。
そうなったら、、、、難しいですよ。

基本的なことを答えるのは難しいのです。
それが記述試験と一体化しないとも言えないのです。

実際、論文試験を行政書士試験はやっていたのです。
司法書士試験もやっています。
行政書士試験がやらない保証はどこにもありません。

そして、今年受かったほうがいいのはそれだけではないのです。
そう、法改正です。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

17:43 | トラックバック:0 | メッセージ |TOP


行政書士試験について

本当に残りが少ないですね。
皆さん勉強の進みはどうですか?

今は予想問題ばかりやっている時期でしょうか?
そうなっているといいですね。

でも、気をつけてくださいね。
予想問題ばかりやってはいけませんよ。

必ず本試験を少しは見て下さいね。

予想問題と本試験は癖が違いますからね。
本試験の癖をしっかりつかんでくださいね。

実は私が解説しているのはその、本試験の癖をつかむのを目標に書いています。

予想問題もとっても大事ですが、本試験の癖、問われている内容を気にしておくことはもっと大切です。

何が聞かれているか?何が問われているのかを本試験の過去問をチェックしながら確認する癖を付けてくださいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

23:02 | トラックバック:0 | メッセージ |TOP


16年度行政書士試験民法過去問

16年の解説が終わりました。
どうでしょうか?
明らかに難しくなってきていますね。

でも対策はあることを繰り返し書いています。

そして、少し何をやればいいのか?ということも書いています。

もう、日数も少ないですからね。
何でもやれるわけではありません。

かといって過去問ばかりをやっているのもつらくなる時期です。

そこで過去問を分析して何をやったらいいのかを少し書いていきます。

もちろん個人的に教わりたい方にはもっと具体的にご指導いたします。

ブログでは書ききれないことやブログでは指導しきれないこと、この時期に解くべき問題をしっかり直接ご指導いたします。

過去問分析に興味がある方
今年の合格を確実にしたい方は是非ご連絡ください。

なお、受講は複数でもお申し込みも可能です。
何人かで過去問分析講座を受けたい、という方も歓迎しています。

試験まで残り少なくなっています。
だからこそ、もう一度過去問を分析するべきです。

まだまだ間に合います。

興味のある方は是非ご連絡ください。





にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
23:08 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年29問行政書士試験民法過去問

婚姻の届出が単に子に嫡出子としての地位を与えるためのものだったら婚姻は効力を生じるか?

これはもう有名ですね。
解説も不要でしょう。
今年出てくれればと皆さん思いますね。

そして、離婚の場合も有名ですね。

今年出てくれるといいですね。


で、そこまでは良いんです。

その一つ上を行きましょう。

当事者間に意思表示の合致があれば婚姻は効力を生じるか?

というのが本問のキーになっていますね。

さて、当事者間の意思表示があれば契約は必ず生じましたっけ?

もちろん公序良俗もありますよね。
それ以外では、、、、気がつきますか?

当事者間の意思表示は絶対ですか?
意思表示の規定をもう一度見直してください。

今年は危ないですよ。

私は行政書士試験が民法の基本的な概念を問う問題にシフトしていると思っています。
基本的なことを聞いてるが、それをそのまま訊かず、先取特権や直接強制のようなあまり今まで試験で問われていなかった制度にそって聞いてくる感じがしています。

だから、難しい。
しかし、だからこそ、対策が立てられるのです。

意思表示を真正面から聞かないと思います。
しかし、それを知っていれば簡単に答える問題が出ると思います。

がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
01:00 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年29問行政書士試験民法過去問

選択肢4は婚姻意思ですね。
届出書を作成したときには意識があったのに、届出書を受理された段階では意識がなかったというケースです。
この問題は、さらに事実上の夫婦関係にあるという条件が必要になってきます。

なので、問題を解答する際には問題はないと思います。

しかし、実際には非常に難しいですね。

そうなんです。
行政書士試験がやはり以前とは少し変わってきているのはこの問題にも現れています。

判例も微妙な判例を聞いてきています。
したがって、しっかり読まないと出来ない。
結論と事件の概要を知っていないと答えに迷う問題が出てきています。

明らかに質が変わってきています。

本問も解答自体はいいと思います。

で、この問題を解いたとき何をおさえてば良いのか?

皆さんは民法の意思表示と意思能力の関係を覚えてますよね。

えー、もうこれ以上は止めましょうか?

わかりますよね、言いたいことは。

そう、民法何条でしたっけ?

探してください。

危ないですよ。

意思能力はそもそも危ないのです、今年は、、、。

わかりますよね。

意思表示、意思能力は危ない。

以上です。


がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
23:39 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年第29問行政書士試験民法過去問

選択肢3です。
内縁の破棄ですね。
損害賠償が出来るか?

まあ、これ自体は問題文の文章自体から損害賠償が出来ますよね。

でもね、問題は今年の試験です。

問題文をよく読んでください。
実はこの問題はすっごく難しいことを訊いているんです。

私は、あっレベルが上がっている、って思いましたよ。


皆さんはその理由がわかりますか?

民法の基礎に返ればわかります。

いいですか?

本問では婚姻予約の不履行に基づく損害賠償と不法行為による損害賠償を聞いているんですよね。

難しいですよね。

で、これって最近では出てますか?
18年の31問を見てください。

あれって思いませんか?

おもしろくないですか?
私は非常におもしろいですよ。

どうでしょうか?

債務不履行と不法行為の違い

正面から訊いてくる可能性は、、、、です。


それでは。

がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
10:59 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年29問行政書士試験民法過去問

さて選択肢2は重婚ですね。
重婚は取り消しうる、無効?という有名な論点ですね。

で、この解説はテキストを見ていただければいいのです。
問題は今年の出題ですからね。

重婚、取り消し、無効ときたら、あれですよね。

失踪宣告

そして、この問題の基礎には何があるのかって言わなくてもいいですよね?

取消と無効
ですよね。

結局、ある法律行為が、ある意思表示が無効であること、取り消しうる行為であることってどう違うのですか?

民法上、取り消しうる行為って何ですか?
民法上無効の行為ってなんですか?

民法の基礎ですよね。

はっきりって危ないです。
これを必ず聞いてくるはずです。

よく考えてみてください。

もっと出しましょうか?
取消権者と無効の主張のできるもの

やったほうが良いと思いますよ。

以上です。

ちょっとサービスしすぎかしら。

がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
23:51 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年第29問行政書士試験民法過去問

選択肢1は婚姻の成立要件ですね。
戸籍法と婚姻の成立。

難しいですけどね。
こういう問題は行政法の感覚ですね。

婚姻は届出で足りるのか?戸籍簿に記載されないといけないか?ですよね。

これ自体はそれほどでないかなあ、って思いますけど(実務的にはすっごく大事です)、意思表示と戸籍簿という問題ですよね。

そうですね、なんとなく、気になることもありますね。

例えば
失踪宣告なんかはどう?

何が言いたいかわかりますよね。

他には、
まあ、代表は不動産取引と登記ですよね。
所有権の移転と登記で考えられますか?

登記しないと所有権って移転しないの?

もういいですね。

では。

残り少ないですが、まだ充分間に合います。
がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
00:53 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年第29問行政書士試験民法過去問

それでは選択肢を一つ一つ見ていきましょう。

選択肢1は婚姻が成立するか否かを聞いていますね。
選択肢4もそうですね。

選択肢2と5は婚姻が効力を生じるか否かを訊いています。

成立と効力について訊いてますね、、、。

成立と効力が問題となるものってどっかでやりましたね。

やりましたよ、テストでも出ましたよね。

いつでしたっけ、、、。

あのー出てますよね、去年。

19年第33問承諾の意思表示ですよね。

なんていうか、、、。

私は本当に行政書士試験って、、、本当に、、、、です。


とにかく誤解しないで下さい。

問題が簡単だなんていっていません。

19年の問題は難しいですよね。

でも、出ているテーマは似ているんです(これに関してはほぼ同じですよね)。

それを制度を変えて訊いているんです。

なんどか書いていますよね。
訊いているのは基本的なことなんです。

それを制度を変えて訊いているに過ぎないんです。

予想は難しいですよ。
しかし、準備は出来ます。


だって、16年の29問をといて効力と成立の論点に気にならない人は少なくないと思いますよ。

そうしたら契約の成立と効力の論点につながりませんか?

さらに言いましょうか?


婚姻って契約ですよね。

あーって思いませんか?

思ってください。

思えるはずです。

私は思いましたよ。

試験委員はしゃれてるなあって思うぐらいです。

ねえ、婚姻意思って出てますか?

もう良いですね。


残り少ないですが、まだ充分間に合います。
がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

16:34 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年第29問行政書士試験民法過去問

それは、
19年の第28問の学説問題もあれは純粋な学説問題でもないですよね。
まあ、学説問題ですが、問題文をよく読めばわかりますが145条の解釈問題ですよね。

145条ってどんな条文でしたっけ、、。

ここが出発点です。

試験委員も純粋学説問題にしなかったのではないかなあ、って思います。
まあ想像ですが。


ともかく私の言いたいのはまだまだ充分間に合います。

過去問分析をすること、そして、二ヶ月前です。

過去問分析からおさえておくべき条文をチェックすることです。

ええ、演習はもちろん大事ですよ。

しかし、この残り二ヶ月は条文もチェックしていきます。

過去問+条文+演習をバランスよくやっていきます。

過去問の比重が若干減りますね。
その分に条文の比重が入ってくる感じです。

条文の比重が上がるのはいいですよね。
演習は減らせませんね。

でも闇雲にやらないのは前に書いたとおりです。

勉強は計画的に進めてくださいね。

直前期はまた本試験過去問を見直します。

勉強は計画的にやるのが大事ですね。

皆さんも自分なりの計画を立ててくださいね。

残り少ないですが、まだ充分間に合います。
がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

09:25 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年第29問行政書士試験民法過去問

さて、29問ですね。
婚姻です。
今年は順番では婚姻でしたっけ?

まあ、それはともかく家族法は大事です。

家族法に関しては前にも言いましたものね。
仕事を始めたらもう家族法ですよ。

そう思えば少しはやる気も出るのではないでしょうか?

しっかりチェックしてくださいね。

婚姻は頻出ですよね。
離婚、婚姻は良く聞かれますよ。

繰り返しますが行政書士試験は実務的試験になりつつあると思います。

家族法の条文を闇雲にやってはいけません。

気がつきませんか?

実務的に問題になりそうな条文が出ているんです、行政書士試験は。

そういうと、じゃあ何で19年度に学説問題が、、、なんて思う人もいますよね。

でもね、、、。

残り少ないですが、まだ充分間に合います。
がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796




23:13 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年第28問行政書士試験民法過去問

この問題に関してはもう一押ししたいです。

この問題は委任ですね。
15年に請負、16年に委任、17年に贈与、18年に請負、委任、19年は?

どうでしょうか?

何かぴんと来ませんか?
19年は使用者責任が出ています。

委任、請負、ときたら怪しいのは、、、、、、

寄託は?代理は?信託は?

信託はともかくとして、何か感じませんか?

感じて欲しいです。

復代理は?

私が何を言いたいかわかりますか?

使者は?

そういうことだと思いませんか?

そういう違いを訊いているって思いませんか?

使用者責任とかもその一環のような気がしませんか?

私は同じことを制度を変えて訊いている気がしてなりません?

何を聞いているか?

解説しなくてもいいですよね?

事務管理は出るかしらって思いました。

別にこれが出るかどうかはわかりませんが、そういうことを意識している気がします。

履行補助者の故意過失は?

もう、蛇足かな?


残り少ないですが、まだ充分間に合います。
がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796


> > 追加の記事を読む
23:34 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年度第28問 行政書士試験民法

あと、選択肢としてエがありますよね。

受任者が委任事務の処理状況を報告する義務ですね。

これは民法の常識的にもいいと思います。
依頼を受けて事務をしている以上、報告する義務があってもいいですよね。

でも、何でこれが問われているんでしょうかね?
もちろん委任では必須の知識ですよね。

それ以外の理由としてです。

私は思うのですが、やはり成年後見がかかわっているのではないかな?って思います。
成年後見、任意後見は相談で聞かれることもあります。

そのときに法制度の理解がないといけませんね。

任意後見は任意代理といえますね(大きく言えばですが)。

そこで、委任関係が結ばれます。

そうすると任意後見人は事務処理を報告する義務を負うのです。
そういう関連もあると思います。


さて、問題は今年の行政書士試験の出題がどうかですね。

成年後見制度は行政書士試験で出ていますか?
過去問を見返してみましょう。

そして、去年は出ていますか?

そうだとすると、その制度に関する法的問題は今年は試験で訊かれないと思いますか?

もういいですね?

説明は充分でしょう。

そういう形で行政書士試験は作られているんだなあ、って本当に思います。
それさえわかれば過去問分析のやり方もわかってくるはずです。


16年の過去問分析なので皆さんも関心をもっていると思います。
(なぜ、16年だと関心を持つかはいいですよね)

私は今年はこの問題は非常に危ないと思います。

事務管理は危ない

と思います。

これがあたるかどうかはわかりません。
準備をしておいた方がいい気がします。

その理由は考えてみてください。

残り少ないですが、まだ充分間に合います。
がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796




11:04 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP


16年度第28問 行政書士試験民法

さらに行きます。
この問題では選択肢イで委任者の契約解除はいつでも出来るか?
とい論点が問われてますね。

いつでも解除できる、というのは委任では覚えておかなければいけないものですよね。

それはいいのです。
問題はそれが今年出るかですよね。

18年33問を見てください。
賃貸借契約があった場合における解除の仕方が書いてあります。
合意解除、法定解除、その他、放棄もありますね。

そう、継続的な契約関係にある間の者の解除ですよね。

賃貸借と委任で比較できますね。
で、正直18年の方が難しい。

私はこれについてはちょっと無理やりでは?と思う人の気持ちはわかります。

しかし、契約当事者間の解除は聞かれるんだ、ということを頭に入れてください。
16年で訊かれたものに関連したテーマが、18年で訊かれるんだってね。

15年で分析していたときは、よく17年や、19年で訊かれてましたよね。

あれ、って気がつきます?

これはもう書きませんよ。

今年のために過去問をチェックしてくださいね。
今年は20年度の試験ですよね。

ただし、16年と比べて18年は難しいです。
行政書士試験の質は変わっています。

そこをキチンと把握してくださいね。

過去問と同じ問題は出ていません。

似たテーマが形や制度を変えて問われるのです。

気をつけてください。

残り少ないですが、まだ充分間に合います。
がんばって下さいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796

00:03 | トラックバック:0 | 16年度 行政書士試験 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。