行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


77日もある!行政書士試験には充分!

そんなわけで、過去問対策中心なんです。

ですから、短期間で仕上げることを当然のこととしているのです。

日数について少ないからといって嘆いても意味がありません。
77日ならば77日でやれることをすればいいだけです。

現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
メール asukayama@movie.ocn.ne.jp

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ

あと77日です。

解説していない過去五年の過去問部分を15年よりチェックしていきましょう。
スポンサーサイト
21:57 | トラックバック:0 | 飛鳥山過去問塾 |TOP


78日は二ヶ月以上! 行政書士試験 4

ですから、いまだに小学生も中学生も高校生も教えています。

まあ、いろいろあって断れないんですよね。
急に明日から行政書士なんで辞めますとはいえませんよね。

でも、そういう受験勉強をしていたから行政書士試験が過去問を分析すれば短期間でも充分合格可能って気が付いたといえるのです。

ですから、自分なりにはまだ続けたいなあって思っています。

それに正直、中学受験とかの方がキツイですよ。

個人的に教わりにくる子は本当にギリギリになってきますからね。
そうするとあと二ヶ月、一ヶ月という子も多いのです。

親は塾へもう大枚をつぎ込んでいる。いまさら受からなかったとはいえない。
そんな状況下でお願いしますといわれるのです。

で、もう、半分あきらめているわけです。
生徒もやる気がない、勉強もしたくない、嫌々来ているのがもう見てわかるんですよ。

で、まあ、キチンと説明するわけです。
今までの塾のこと、過去問対策はしているのか?
本当に受かりたいのか?
日数が少ないのなら過去問対策中心で切り替えて勉強できるか?

って聞くんです。

そうして納得してやってもらいます。

いままでキチンと勉強している生徒ならば(計算問題が出来るとか漢字が書けるとか最低限が出来ることですね)、過去問対策をすれば一ヶ月もしないで合格ラインにまで達します。。

あとは徐々に今までやったことの中で過去問対策をして出そうなものを繰り返し行うだけです。

そうしておしえると本当に気持ちが楽になるんですね。
なぜだかわかりますか?

皆さんも、あれもやらなきゃ、これもやらなきゃ、ってなってませんか?
試験が近づくとそうなりやすですよね。

でも、過去問に絞って、過去問に派生することだけをやればいいとしたらどうでしょう?

そう、ぐっと気持ちが楽になるんですね。

そうしていると、ドンドン集中力が付いてきます。

暗記が楽になるんです。
今までやったことが過去問との関連をつけておぼえられるのです。

ねっ、どうですか?
過去問対策って受かりやすくなるだけでなく精神衛生上もいいんですよね。

後は試験を待つばかりの状態になります。

正直言って、試験で何日で大丈夫とか書く意味ってほとんどないんですよね。
あと何日しかないなら何をするのか?という発想ですよね。

大丈夫です。
今まで一度でも過去問をといたことのある人なら充分受かります。

過去問対策に興味のある方、あせって勉強のうまくいかない方
是非、ご連絡ください。

行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
メール asukayama@movie.ocn.ne.jp

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ
14:03 | トラックバック:0 | 飛鳥山過去問塾 |TOP


78日もある!行政書士試験!合格できます。3

で、過去問対策にこだわっている理由は過去問対策は受験の基本であること、そして過去問対策をうまくすれば非常に短期間で全てのものがみなおせること、です。

そして、もっとも大切なことですが、何度も書いてますね、行政書士試験の民法は過去問が形を変えて繰り返し出ているからです。
新しいと思える問題も過去問を検討していれば充分に対処可能なものが多いからです。

だから、過去問分析にこだわっているのです。

しかし、そのことについて指摘している行政書士試験の講座やブログは少ないように感じました

火事にあって行政書士の登録をしようかと思っているときに初めていろいろな行政書士のサイトを見てみました。

もう、たくさんあってびっくり!!

いろいろ見ているとすごく優秀な方のブログやホームページもたくさんあり非常に参考にはなりましたが、過去問分析をしているサイトが少ないな、って思いました。

過去問は大事と書いてあるブログやホームページはたくさんあります。
しかし、過去問対策をどうしたら良いのか?などを書いてあるブログは少ないなあ、って思いました。

でも、今までの中学、高校、大学受験の経験から考えて過去問分析上当然と考えられる内容も書かれていないことには驚きました。

「なんでこのことを書かないんだろう?書いてはいけない理由があるのかな?
過去問分析をすれば一度でも過去問を解いたことがあるひとなら1ヶ月もかからないで試験対策自体は終わるのに、、、。」

正直そう思いました。

もちろん、行政書士試験の指導塾業界の掟のようなものがあり、書いてはいけない理由もあるのかもしれません。

でも、過去問分析をすれば明らかに出そうな箇所はある、ちなみに19年はそれがほとんど民法では出ている。

で、私が調べた限りではあんまり書いてあるブログなどはない。
じゃあ、書こう、そして、どうしても短い日数しかなくてもあきらめず合格したいという意欲を持った方に受験指導をしよう!と思ったのです。

いままでの受験指導の成果をお伝えして、短期間での合格を可能にしようと思ったわけです。

行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
メール asukayama@movie.ocn.ne.jp

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ
13:11 | トラックバック:0 | 飛鳥山過去問塾 |TOP


78日もある!行政書士試験で合格しよう!2

自宅が火事にあったときは本当に大変でした。

火事にあったら住むところがありませんね。

ええ、いろんなところにとまりました。
それだけでなく、いろんな手続きがあります。

役所への届出がこんなにあるとは、って思いました。

でも、そういう手続きをしないと住むところも探せなかったのです。
(私の家は普通の家庭でしたから)

そのときに、
「あっ、行政書士ってこんな仕事も出来るんだ。」って思いました。



行政書士は許認可のスペシャリストというのは知っていました。
そして、広く役所の書類を作成、提出する人ということもです。

でも、役所の提出用紙というのが実感がなかったのですね。
で、今回火事になって、はじめて役所の提出用紙って許認可の書類だけじゃないんだ、いろいろ困った人のためにも必要な書類ってたくさんあるんだ、って思いました。

そこから、行政書士の本をたくさん読みました。
いわゆる開業本とか合格本という奴ですね。

それまで、合格したもののあまり登録する気のなかった行政書士に非常に興味を覚えたのです。
「へー、おもしろいな」ってね。

そんなことから、登録だけはしよう、と思い東京都北区で事務所を借りて行政書士の登録を昨年8月にしました。

もちろん、塾の仕事があったので仕事はしていませんでした。

塾や個人的に教えている生徒への指導の合間に、無料相談会に参加したり、いろんな研修に出たり、優秀な先生の話を聞いたり、という生活をしていました。


そして、今年の2月に過去問対策を行ったことで個人的に教えていた生徒が大学合格、高校合格という結果がありました。

やっぱり過去問対策は大切だ。
過去問対策をすれば日数が少なくたって合格は充分可能だという思いを新たにしました。

そこで、個人的に行政書士の合格を目指している人のために過去問対策を中心とした指導をしたいな、という思いが強くなり、このブログを書き、指導を受けたい方を募集しているのです。

では、なぜ過去問対策にこだわっているのか?です。

行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
メール asukayama@movie.ocn.ne.jp

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ
12:44 | トラックバック:0 | 飛鳥山過去問塾 |TOP


あと78日もある!行政書士試験に合格しよう! 1

しかし、過去問中心にやることは塾としてはあまりうれしくないのですね。

いや、困るのです。

なぜか?
まあ、ここら辺は塾業界にいたことのある人ならすぐわかると思います。
要するにテキストを1ページずつ進めて欲しいのですよね。

で、そんなことからやりずらくなってきました。

そこで、個人的に知り合いの子などに少しずつ勉強を教えて行ったのです。

過去問を重視して、分析して、出るところに絞って、予想して、似た問題を探して、演習をして、って、そうやると受かるんです、スッと。

今まで大手の予備校や進学塾に通っていて成績が伸びずに苦しんでいた子がスッと受かるんです。

おもしろい、過去問分析っておもしろいなあ、って思いました。

自分自身でも、塾の仕事や家の手伝いがあったので限られた時間で宅建やマンション管理士の試験を受けたりしていました。

で、そんな時に自宅が火事にあったのです。


行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
メール asukayama@movie.ocn.ne.jp

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ
12:00 | トラックバック:0 | 飛鳥山過去問塾 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。