行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


民法の常識

たとえば、他人物売買は有効と考えるべきか?
他人の物を売っていいの?
常識的には、言い訳ないですよね。
自分のものではないのですから。

しかし、民法は他人の権利を売買の目的とすることができると書いてあります。
これは先に説明しましたね。
民法はいろんなケースを考えて契約としては有効としました。

ただし、所有権は他人の権利を売ったからといってそれだけでは買主に移転しないとしました。
560条ですね。
売主はその権利を取得して買主に移転しないといけないとしました。

どうですか?
これが民法の世界の常識なんです(常識は言いすぎかな?今の民法の考え方なのです)。
民法はこう考えるのですね。

契約の成立と所有権の移転を二つに分けて考える。
面白いですね。
これを民法の知識(常識)として覚えて欲しいのです。

まず、問題分析をする。次に、社会常識で考える。そして、民法の知識(常識)で考える。
これを繰り返してください。
これが問題演習です。

テキストを読むのは先に民法の知識(常識)を頭に入れているのです。
いうなれば、辞書を頭に入れているのと同じことです。
ですから、それだけで問題が解けるようになるわけはないのです!

いいでしょうか?
テキストで民法の知識を仕入れたら問題演習をしてください。
私的には問題を分析して常識で判断して、そして民法の解説を読むというやり方がいいと思います。

どちらでも構いません。ともかく、問題分析をして考えることです。
今、出来る、できないなんてどうでもいいことです。
それよりも問題分析力をつけることが大事です。
とにかく問題にあたって常識で判断して、民法の常識を仕入れることです。
その繰り返しによって民法での6問、7問の合格ラインが見えてきます。

できなくてもかまわないので、できるだけ問題にあたってください。

ちょっと長かったけどいかがだったでしょうか?この文章で問題演習をするのが好きになってくれればと思います。





スポンサーサイト
20:20 | トラックバック:0 | 民法の常識 |TOP


民法の常識

時間がない、民法が苦手な方に!

問題を解くときの心構えとして、
よく出る売買契約ならば、

1 問題を分析する。
図に書いてみてください。
売買ならだれが買主、売主かを考える
つまり、誰と誰が契約をしているのかを考える。
人を考えるのです。
登場人物を把握するのです。

2 そして、登場人物の素性を考えてください。
売主、買主はどんな人か?(未成年か、成年後見人か?、本人か、代理人か?)

3 その人は何を売っているのか?(不動産か、動産か?)

4 善意か悪意か?その人の主観を考える

以上のことを図に書いてみるのです。
そこで、まずは常識で考えてみてください。
結局どうしたらよいのか?を考えるのです。
あなたならどうしたらよいのか考えてください。
ここまでがあなたの常識が試されています。

そして、結論をつけたら解説を読んでください。
その時に、解説は民法の世界の常識をあなたに教えてくれます。
そして、あなたの常識を民法の常識に合わせていくのです。
そうやって、一つ一つ民法の常識を増やしていくのです。

社会常識を民法の常識に合わせる、これが民法の解き方の秘訣です。





  
20:19 | トラックバック:0 | 民法の常識 |TOP


民法の常識

そこで、ほかの先生に訊いてみる。
『問題演習が大事』という。

そこで問題演習をしようと思う。

しかし、解けない。
それはそうですね。
条文や判例が頭に入っていないのだから。

そうすると、仕方がないのでよく整理してある予備校の参考書や市販のテキストを買ってまとめの表を覚えながら解くことになる。

しかし、
民法の量は膨大です。
どこまでやればいいのか?どこまで覚えればいいのか?謎ばかり。

条文をすべてチェックったって、と悩んでしまいますね。


しかも、行政書士の民法の問題は少なく、過去問もあまりない。
どうしたものかと悩んでしまう。


私もそうでした。

もう一度繰り返すと、
やはり、民法は条文が大事なことは確かです。
そして、条文の解釈をめぐって争われた判例は大事ですね。

しかし、試験まで時間がありませんね。
他の教科もあります。

そんな中で民法をせめて6問、できれば7問できるようにするにはどうしたらよいのか?

それは、、、。


行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
メール asukayama@movie.ocn.ne.jp

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ



18:02 | トラックバック:0 | 民法の常識 |TOP


民法の常識

今までどうでしたか?

『まず、問題分析をしましょう!』『常識を使って解きましょう!』
なんて、予備校の教え方なんかと違って驚いた方もいるかと思います。

私も民法の基礎は条文だと思います。
やっぱり民法の学習では条文は必要です。

たとえば、今、解説しているのは売買契約を人に着目して分析したらですね。

このときに、
未成年、成年後見の4条から21条、
代理でいえば、99条から117条、
取消でいえば120条から、126条、
他人物売買などの売買との関係でいえば560条から570条、

ここら辺を知っておけば一瞬で解けたものもありましたね。


予備校の先生も多くの方が言うでしょう。
『条文が大事だ』と。

私も一切異論を唱える気はありません。

しかし、

私は、それじゃあ、と思って条文を読み始める。
しかし、字は読んでいるけど頭に内容は・・・。

これはいけないな、と思うけど先生に訊いても条文が大事と言うばかり。

そこで、あなたは別の先生に聞いてみます。
すると、

続く

行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
メール asukayama@movie.ocn.ne.jp

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ

17:50 | トラックバック:0 | 民法の常識 |TOP


民法の苦手な人へ

民法は確かに難しいです。
こうして書いていますが、条文、判例でもわかりにくいものもあります。

でも、民法は私人の売買契約などを定めた法律ですよね。
そうすると、そんな非常識なことが書いてあるわけではないのです。

条文、判例は大事です。
でも、常識はもっと大事です。

民法の問題解く場合にはとにかく第一に問題分析です。

今は売買のことを人にスポットを当てて書いています。

誰が(制限行為能力者か、代理人か、本人か、などです。)
誰に対して(制限行為能力者か、代理人か、本人かなど)
何を(動産か、不動産か)
売ったのか?

をしっかり分析をしてください。

もちろん条文・判例を知っていればいいのですが、知らなければ常識で判断してください。

そういう訓練をしながら判例や条文を覚えることです。

覚えようとするのではなく分析力をつけることです。

そうしていくうちに常識が単なる社会常識から、民法の考える民法常識といえるものに変わってきます。

そうしていくうちに、民法ならこう考えるはずだ、という感じになってきます。

もちろん、条文を覚えたり判例を覚えることは大事です。
しかし、問題分析力をつける努力をしてくださいね。

それではまた後日。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
メール asukayama@movie.ocn.ne.jp
にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ



19:41 | トラックバック:0 | 民法の常識 |TOP




| TOPページへ戻る|

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。