行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


明日ですね。

明日ですね。

眠れない方も多いでしょうね。

私もそうでした。
そしていまでもそうです。

試験に緊張しない人っているかしら?って思います。
緊張していいです。

いつも思います。
緊張していいんです。

大事なことは緊張したときに開き直れることです。

もう、明日です。
できることは限られています。

もし寝れなければ一つ一つテキストを見返してください。

よいのは、テキストのしるしを見ながら勉強した時のことを思い出してください。

なんでこれに線を引いたのかな、
なんでここで迷ったんだっけな、
とか、
今までのことを思い出してほしいんです。

別に本を開かなくてもいいんです。
今までやってきたことを一つ一つアルバムをめくるように、あれもやった、これもやったって思い返してほしいんです。

そうやって思い返す作業をしましょう。

勉強は積み重ねです。
足し算です。


問題はもう作られて印刷もされています。
明日、もう、出る問題は決まっているのです。

焦ることはありません。

それは明日わかります。

今までやってきたことを出し切ってください。

それが最も大切なことです。

また明日。


> > 追加の記事を読む
スポンサーサイト
16:47 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


住所は?

もう日にちはありませんね。

そこで、気になるのが平成18年の住所のような問題が出ないか?ということですね。

結論からいえば気にしても仕方がありません。
18年では住所
19年では先取特権に、直接強制

あんまりやらないものが出ていますね。
ということは今年でませんか?

そう、出ますよね。

でも、考えても仕方がない。
平成18年の住所は難しいですね。

そういうのは考えても仕方がありません。
たまたま当たることもあればラッキーということですね。

このブログは民法のブログですが、試験科目は民法だけではありませんね。

民法で細かいのまで完璧に抑えようと思ったら大変ですよ。

ならば、ほかの科目の基本を落としているものをやるべきです。

基本が大事ですから。

ほかの科目も大事です。
憲法、商法、行政法をチェックしてくださいね。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。






18:05 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


最後にすべきこと

最後にすべきことは、でも、やっぱり、今までのことを振り返ることです。

そう、今までの問題を見てください。
予想問題でもよいし、過去問でもいいし、まとめテキストでも何でもいいんです。

毎回書いてます。

なぜ、この問題が予想問題で出ているのかを考えてほしいのです。

なぜ、成年後見が出ているのだろうか?
それは、18年で出ているからだ。
などと、自分自身でなぜこの問題が出ているのかを問題を見返しながらメモしてほしいんです。

登記の問題が予想問題で多いな?
あ、それは去年出ていないから今年は危ないんだとかですね。

そうやって、今までの勉強を振り返ってほしいんです。


この問題がなぜ予想問題として出ているのか考えることです。


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

10:23 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


予想問題を見返す

予備校だって、出版社だって、当てようと思って作っていますが、そう、そんなに当たるものでもないですよね。


でもね、そうではないんです。
予備校だって、出版社だって、これが危ないと思って出題するんです。

なぜ危ないと思ったかの根拠はあるはずですよね。
それを考えて問題の脇にでもメモしておいてほしいんです。

なんでこの問題が出ているのか?
なんでこんな訊き方をしているのか?
なんでこんな選択肢の作り方をしているのか?
など、自分でこの問題が出題されているわけを考えてほしいのです。

それが問題を解くということです。

だから、それを過去問でやってほしいんです。
最後です。

解きまくったとは思います。
しかし、過去問に出たテーマが形を変えて試験に出ているのは事実です。

何をきいているのか?
聞いていることが制度趣旨にかかわっているので、やはり難しくなっていることは事実です。

なぜ出ているのか?
予想問題にメモしてください。

そして、何を聞こうとしているのか?考えながら問題を解いてください。

そうすればまとめテキストの見方も変わるはずです。

この問題がなぜ予想問題として出ているのか考えることです。

その意味とは、、、。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。


18:31 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP


なぜ、これなのか?

今、試験を受ける方は本当に緊張していると思います。
新しいテキストは買う必要はないと思います。
でも、テキストを買うことで心が落ち着くなら買ってください。

ただし、問題集は買っていいと思います。
もちろん無理に買うことはないんです。

おんなじ問題ばかり見直していてやる気が出ないようならば、やる気を出すためにも買ったほうがいいです。

私が言いたいのは、試験直前期は気合が入る方もいますが、ダレてしまう方も多いと思います。
でも、試験前に勉強することは大切です。

そこで、見直しなどができなくてだらけてしまうならば新しい問題集、テキストを買ってみた方が良いと思います。

そう、最後まであきらめないことが大切です。



さて、前回この問題がなぜ予想問題として出ているのか考えることです、と書きました。

直前期に何をしてらいいのか。
これを次に書きます。


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ


現在は土日を中心に過去問指導を行っています。

興味のある方はどうぞご連絡ください。
行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。



18:17 | トラックバック:0 | 最後に見ておくならば、、、。 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。