行政書士試験のための民法過去問(超基礎編)

行政書士試験の民法で悩んでいるすべての方へ 合格のための過去問分析指導行ってます(カテゴリーからどうぞ)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | トラックバック(*) | スポンサー広告 |TOP


あと80日!行政書士試験民法攻略のために

さて、あと本当に80日になりました。
何度も繰り返していますが、全く知識ゼロの人が民法を極めるのは80日では無理でしょう。
限りなく可能性は少ないと思います。

しかし、行政書士試験の民法で合格点を取るには十分可能な日数です。

そのためにやることを今回は書きましょう。

とにかく過去問をもう一度見直すこと。
何の問題と何の問題が関連しているかを制度趣旨、具体的な事案までさかのぼって検討することです。

そして、問題をお互いに関連させて素早く一気に見直せるようにすることです。

遺産分割の共有が出ていれば、共有、遺産分割、相続関係へと話を流せるかどうか。
相続放棄なんかもそうですね。

たとえば、19年度の直接強制の問題は過去問を見ていると気がつくこともあるんですよ。これは前にも言いましたね。
その前に書いたのとは違うのでは、17年の第29問です。
遺留分減殺請求権が債権者代位で行使できるかという問題が出ています。

直接強制の有無、遺留分減殺請求権が債権者代位できるかどうか、、、、。

ね、嗚呼、あーって思いませんか?
過去問ってそういう仕掛けがたくさんあるんです。

一応このブログでは過去5年に限ってますよね。

でもね、もう少し広げるとね、本当に、あー、って思うのがたくさんあります。

ね、結構、試験委員ってやさしい方ですよねって思います。

17年は債権者代位の問題が別で出ていて、さらにこの29問でもでも出ている。
しかし、19年では債権者代位でなく直接強制ができるかという聞き方、、、。

面白い。

もちろん、関連なんてないじゃんって、考えてもいいですよ。

でもね、あと80日しかないんですよね。

見直さないといけないんですよね。

そうであれば、、、、。

結局、試験勉強っていかに効率よく勉強するかです。
効率よく勉強して合格する。
それしかないと思います。

逆説的ですが民法はたくさんあるからできるだけ覚えない工夫をすることです。

でも誤解しないでください。

私は過去問だけやるわけではないですよ。
そこら辺の詳しいところは飛鳥山過去問塾のカテゴリーの記事で見ていただければいいのですが、とにかく演習を重視します。

過去問で分析したら出るところを演習です。

そして、大事な条文はきちんと読み上げます。
最後は条文です。

なぜか?

行政書士試験は19年の問題、特に即時取得の例外の問題などは条文問題にすぎないからです。
不法行為もそうですね。

過去問分析

演習

条文

を繰り返し繰り返し行います。

かけばあたりまえの勉強です

しかし、中身が違う!

しっかり分析するとモチベーションが上がりますからね。

覚えるのもすっごく早くなります。
そりゃそうですよね。

でるかもと思って覚えるんですからね。

そう、あと80日どうモチベーションを保つか?
そことの勝負になってきます。


行政書士試験の受験で気になる方はどうぞメール、ご連絡ください。

飛鳥山過去問塾
行政書士 山賀 良彦(やまが よしひこ)

電話  03-6426-8796
メール asukayama@movie.ocn.ne.jp

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ








スポンサーサイト
16:52 | トラックバック:0 | 80日で出来る民法攻略 |TOP


80日ならそれでやれば良いだけ!行政書士試験民法

さて、この80日で受かる?から始めて私は80日あれば充分、そして、80日しかなければ80日で出来ることをすればいい、という流れで書いてきました。

それというのも行政書士試験の過去問分析をすれば同じ問題しか出ていないからです。
まあ、そういうのが問題があるならば同じものを形を変えて聞かれているに過ぎないからです。

そうですよね。
過去五年にこだわらなければ19年の承諾期間の問題だって平成四年に出ていますものね。

まあ、そういうことは言い出せばきりがないのですけどね。

もともとこの話は18年の第30問をやっている途中から脱線?して始まりましたね。

で、もう一度平成18年の第30問の残り選択肢オを見てください。


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ




22:19 | トラックバック:0 | 80日で出来る民法攻略 |TOP


80日なら充分!行政書士試験民法

いままで、80日で行政書士試験の民法は充分?とういうことで書いてきました。

もう一度繰り返せば、民法を完ぺきにするには80日では間に合いません!

それは事実でしょう、、、。

しかし、

80日あれば、行政書士試験の民法で合格点は取れます。


でも、本当は思うんです。

あんまり残りの日数を考えるのは意味がないんですよね。

いや、考えないといけませんよ。

そうではなくて、あと80日しかない!って焦ってもしかったがないんです。

80日あるんだから有効に使おう!って発想を変えて欲しいんです。

二か月以上あるんですよ。

しっかり見直せば十分間にあいます。

ましてや、過去問を一度でも解いたことがある方なら全く問題ありません。

確かに、私は

『あの問題とあの問題は関連がある』

とよく書いてます。


それについて

『なんだそんなに関係ないじゃん』

と思ってもいいんです。


いや、そう思う方も多いのではないでしょうか?

まあ、それについてはいろいろ意見があると思います。
(私は前に書いたように行政書士試験の民法は同じ問題が形を変えて出ているだけだという考えを変えていません。過去問を分析すればそうとしか思えません。)


しかしではなぜそんなことをブログに書くのか?

それは、最大の理由は、、、

あと、80日ほどしかないからです

そうでしょう。

あと80日でたくさんのことが覚えられますか?
たくさんの物が見直せますか?

民法だけでないんですよ。
行政法も憲法も個人情報保護法も会社法も、、、、。

そうですよね。

そんなに見直せない!

でも見直した方がいいのです。
あたりまえのことですね。

暗記は繰り返しです。
繰り返しがなければ覚えられません。

ではどうするか?

そうなんです。
だから、問題と問題を関連付けて一気に見直すのです。
そして覚えることを減らしていくのです。

ストーリーを作っていくのです。
流れで覚えるのです。

一問を見てそういえばこういう場合はどうかな?

たしか、前にこういう風に出ていたなとか頭の中で関連させることができます。

私の民法の過去問分析はもともと日数がない中でどうするのか?

諦めないで試験に合格するにはどうしたらよいのかという発想から始まっています。

実はずっとそういう意識で書いています。


私だって条文、判例をしっかり読みこんだ方が民法の力がつくことは承知しています。

しかし、皆さんは民法の力をつけたいのですか?

行政書士試験に合格したいのですか?


どちらですか?

私は大学、大学院と民法を専門に勉強しましたが民法はいまだに難しいです。

で、いまだに民法は大好きです。
民法の面白さってたまりませんね。

でもね、そのことをブログに書こうとは思いません。
なぜか?

このブログはあくまで日数の少ない中でどうやって行政書士試験の民法で合格点を確実に獲得するのかにあります。

そうであるならば、そのためのことしか書きません。

問題と問題を有機的につなげていく。

そうすることで過去問が覚えやすくなります。

理解しやすくなります。

だからこそこのテーマが危ないというのがわかってくるのです。

それが当たるかどうかはわかりません。

しかし、危ないんだと思い、準備することはできます。

そうすれば本試験に何を恐れることがありましょうか?


試験です。

運不運もあるでしょう。

しかし、ベストを尽くせるならばつくした方がいいのです。

まだ、80日あります

十分合格点はねらえます。

私としては、一度でも過去問を解いたことがある人ならば十分に間に合う日数だと思っています。

民法で気になる方、今年合格したい方、現在、土日を中心に夏期集中講座を行っています。
興味がある方は
03-6426-8796
飛鳥山過去問塾 行政書士 山賀良彦までどうぞ。


にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ
17:57 | トラックバック:0 | 80日で出来る民法攻略 |TOP


80日で充分?行政書士試験の正体

そう、19年の問題を一つ一つ見ると全く新しい問題はその傾向に特色のある33問目の契約の成立の問題ですね。
しかし、その問題も新しい問題なのでしょうか?

契約申し込みは13年の27問目ででてますね。
でもまあ、確かに、11年度まで見ても出ていませんね。

ちょっと準備が難しかったかもしれません。

でも、全く新しいのはその程度ではないでしょうか?

私は思います。

行政書士試験の民法が簡単だななんて言いません。

しかし、準備はできます。

皆さんの意識を変えてください。


同じ問題は出ないのです。

でも過去問で問われたテーマに関連するテーマが出るのです。

その関連するテーマは、その根っこに遡れば同じなのです。

そこを自分なりに探してください、考えてください。

私が分析していても行政書士試験の民法は同じことばかり聞いている気がします。

ほとんど変化がない。

難しい問題が1、2個選択肢の中で出てくる。そこが難しく感じさせている正体だと思います。



行政書士試験の民法は難しいです。

もう昔の試験とは違います。

合格率だってそうです。

筆記試験もあります。



でも、準備はできます。

問われているテーマは同じなのです。


今から始めても民法で合格点は十分可能です。

いや、今から始めれば!、十分可能です。

そのために過去問分析をしてください。

出るところを勉強するのです。

良く考えれば当たり前のことなのです。

すべての受験の基本は過去問分析です。

しかし過去問分析だけやっていてはいけません。

では何をするのか?

お知りになりたい方はぜひこちらまでご連絡ください。

今、現在、8月は土日で行政書士過去問分析講座を開講しています。

気になる方はぜひご連絡下さい。

03-6426-8796
飛鳥山過去問塾
行政書士  山賀 良彦
詳しくはリンク集の飛鳥山過去問塾をご覧ください。

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ








17:50 | トラックバック:0 | 80日で出来る民法攻略 |TOP


80日で充分? 行政書士試験 新しい問題が出たら

そう、だんだんわかってきませんか?

19年の新しい問題といえば、
どちらかといえば
31問でしょう。
しかし、これも気が付きませんか?
これって特定の話ですよね。

特定に関するものといえば、危険負担ですよね。
危険負担は当然頻出です。

34問の使用者責任に関してはコメント不要ですし、35年の家族法もそうですね。

もう良いでしょうか?

ほとんどの問題が前に出た(しかも、過去5年に出た)テーマに関連しているのです。

32問の直接強制は新しいと思いますか?

あれは問題文を読んでいても常識的に判断できますし、問題となるオの建物明渡請求も17年の27問目で出ています。

しかも、債権者代位で出ているんですよ。
その意味はわかりますよね。直接強制と債権者代位で建物明け渡しが出ているんですよ。

本当に、直接強制の第32問も新しい問題ですか?

にほんブログ村 資格ブログ 法律系資格へ

行政書士試験の民法の正体って、、、
01:30 | トラックバック:0 | 80日で出来る民法攻略 |TOP




| TOPページへ戻る| 次のページ > >

飛鳥山過去問塾へのお問い合わせ

名前:
メール:
件名:
本文:

プロフィール

民法基礎

Author:民法基礎
東京都北区王子で行政書士と飛鳥山過去問塾を開業しています!

場所は飛鳥山のすぐ近く。
飛鳥山と都電が見える場所に事務所があります。

東京都北区滝野川1-60-5 ミナトヤビル301
飛鳥山行政書士事務所
行政書士 山賀良彦

電話03-6426-8796
e-mail
asukayama@movie.ocn.ne.jp

最近のコメント

最近のトラックバック

ブログ内検索

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。